マット・デイモン、新作で監督デビューへ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月9日 > マット・デイモン、新作で監督デビューへ
メニュー

マット・デイモン、新作で監督デビューへ

2011年5月9日 15:38

いよいよ監督デビュー?「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」

いよいよ監督デビュー?
写真:Fame Pictures/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優のマット・デイモンが、ついに監督デビューすることになりそうだ。

デイモンは、親友のベン・アフレックとともに「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」の脚本を執筆し、アカデミー賞を受賞。スティーブン・スピルバーグ監督(「プライベート・ライアン」)やマーティン・スコセッシ監督(「ディパーテッド」)、クリント・イーストウッド監督(「インビクタス」「ヒアアフター」)ら巨匠に愛される人気俳優として活躍しながらも、映画監督への意欲を見せていた。

親友のアフレックが映画監督としてのキャリアを着実に歩むなか、デイモンも監督作の題材を見つけたようだ。ワーナー・ブラザースは、マシュー・オルドリッチ(「ザ・クリーナー 消された殺人」)が執筆したオリジナル脚本「Father Daughter Time: A Tale of Armed Robbery and Eskimo Kisses」を獲得した。

デイモンの監督・主演作として映画化を進めるという。Deadlineによれば、同作は父と娘との逃走劇で、パラマウントやフォックスなどが争奪戦を繰り広げた話題作。アフレックとの製作会社パール・ストリートが手がける。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi