マット・デイモン&スカーレット・ヨハンソンが夫婦役で共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月9日 > マット・デイモン&スカーレット・ヨハンソンが夫婦役で共演
メニュー

マット・デイモン&スカーレット・ヨハンソンが夫婦役で共演

2010年11月9日 11:32

デイモンの妻役に「エリザベスタウン」

デイモンの妻役に
写真:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] キャメロン・クロウ監督の新作「ウィー・ボート・ア・ズー(We Bought a Zoo)」で、マット・デイモンスカーレット・ヨハンソンが夫婦役で共演することが分かった。

同作は、英コラムニストのベンジャミン・ミーの同名回顧録を映画化するもの。イギリスの片田舎の荒れ果てた動物園を購入したミーが、逆境に直面しながらも再オープンにこぎ着けるまでを描く。デイモンがベンジャミン・ミー、ヨハンソンが脳腫瘍との闘病の末に亡くなったその妻を演じる。また、夫妻の息子役に、TVドラマ「スーパーナチュラル」に出演中の子役コリン・フォードが決定した。

クロウ監督にとっては「エリザベスタウン」(2005)以来の新作で、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナが執筆した脚本のリライトも手がける。20世紀フォックスの配給で、2011年12月23日の全米公開を予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi