S・ソダーバーグ監督が映画界から引退? 盟友M・デイモンが明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月27日 > S・ソダーバーグ監督が映画界から引退? 盟友M・デイモンが明かす
メニュー

S・ソダーバーグ監督が映画界から引退? 盟友M・デイモンが明かす

2010年12月27日 12:00

51歳で映画界を引退へ?「セックスと嘘とビデオテープ」

51歳で映画界を引退へ?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・ソダーバーグ監督の新作「Contagion(原題)」を撮影中のマット・デイモンが、米ロサンゼルス・タイムズ紙のインタビューで、同監督が映画界からの引退を考えていることを明かした。

来年1月に48歳になるソダーバーグ監督。引退するには若すぎるようだが、デイモンいわく「まだ別のキャリアに挑戦することが可能な年齢で、だからこそ監督業を辞めて、絵を描きたいと言っている」。またデイモンは、「(ソダーバーグ監督は)映画で物語を語ることよりも、その“形”の部分に関心をもって映画作りを続けてきたが、もはやそのことにも疲れ果てているようだ」と引退の理由を語っている。

ソダーバーグ監督自身も昨年、米エスクァイア誌に「51歳までに引退する」と話しているが、51歳を迎える2014年は、「セックスと嘘とビデオテープ」(89)で鮮烈な監督デビューを飾ってから25周年の節目にあたる。デイモンは、同監督の引退の時期についてより具体的に、「来年の夏にマイケル・ダグラスと自分が出演する『リベラーチェ』を撮影し、その後ジョージ(・クルーニー)主演作を1本やってそれで引退の予定だ」と説明した。

監督への転向を考えているデイモンは、「クリント(・イーストウッド)との仕事を終えたあとでスティーブンに言ったんだ。『クリントは80歳にして本当に楽しそうに映画を作っているよ』って。そしたらスティーブンは、『それは、彼はストーリーテラーだが、自分はそうじゃないからだよ』と答えた」と述懐。そして、「映画界にとって非常にもったいないことだと思う。僕はこれから40年かけて、すばらしい監督になれるよう努力するけど、スティーブンが到達した場所にたどり着くことはけっしてないだろう。それなのに、彼はそこから立ち去ろうとしているんだ」と残念そうに話した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi