吉川晃司、魔性の女よりも「楽なほうがいい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月9日 > 吉川晃司、魔性の女よりも「楽なほうがいい」
メニュー

吉川晃司、魔性の女よりも「楽なほうがいい」

2010年12月9日 17:02

「三国志」には人生の教訓がいっぱい「三国志」

「三国志」には人生の教訓がいっぱい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌手で俳優の吉川晃司が12月9日、都内のスタジオで中国のTVドラマ「三国志 Three Kingdoms」のナレーション収録を行った。吉川は「三国志」をはじめ、中国の故事の大ファンだといい「つわものどもが夢の跡。刹那に生きる男のロマンを感じる」と魅力を熱弁した。

約80年間にわたる「三国志演義」に登場する約300人の英雄伝を、全95話で描く中国製作の大作ドラマ。製作費25億円、エキストラは15万人が参加するなど破格のスケールが話題となり、中国で高視聴率をたたき出した。吉川も「見ていて圧倒された。こりゃ、とんでもないな」と興奮気味だ。

三国志」との出会いは、「人生の岐路に立たされたとき」だといい、「それまでツッパって生きてきた者として、誰かに助言を請うことができず、生きるヒントを求めた」と述懐。「時代を超えて色あせない人生の教訓が散りばめられている。と言いながら、実際に役立てていたら、もっと違う人生だったかもしれないですが」と笑いを誘った。

若いころは劉備が好きだったというが、「この年になると、曹操に魅力を感じる。残酷な一面があると同時に、人を引きつける何かをもっている。天才がゆえの奇人ですね」。美しいヒロインたちも見どころで、「お気に入り? 貂蝉(ちょうせん)かな。魔性の女、いいですね。でも今は楽なほうがいいかな」と本音を明かした。

「三国志 Three Kingdoms」は12月10日、前篇DVDボックス発売。2011年2月2日から後篇レンタル開始。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi