山本モナ、ひと足早く婚礼衣装に身を包みノロケ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月4日 > 山本モナ、ひと足早く婚礼衣装に身を包みノロケ
メニュー

山本モナ、ひと足早く婚礼衣装に身を包みノロケ

2010年10月4日 20:05

本物のウェディングドレスの完成はいつ?「三国志」

本物のウェディングドレスの完成はいつ?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 中国のTVドラマ「三国志」の特別試写会が10月4日、東京・新橋のヤクルトホールで行われ、タレントの山本モナと「三国志」通で知られるお笑い芸人のやついいちろう(エレキコミック)がトークショーに出席した。

同作は、「三国志演義」の約80年間にわたる物語を全95話で描き切る大作ドラマ。製作費25億円、主要キャスト300人、エキストラは15万人が参加するなど破格のスケールが話題となり、中国では視聴率ナンバーワンを記録した。

山本は、劇中に登場する「古代中国4大美女」のひとり、貂蝉が着用した真紅の婚礼衣装に身を包み「すごく重量感があって立派。身が引き締まります」。今年8月に入籍し、来春に予定されている挙式に向け「ウェディングドレスの準備も着々と進んでいます」と笑顔をのぞかせた。一方のやついは、劉備が皇帝に即位した際の衣装に、孔明の扇をもって登場したが、すべて自前。さらに靴は私服のデッキシューズで、山本に「皇帝のわりに靴が安っぽいですね」と突っ込まれていた。

また、「三国志」の魅力について山本は「男性が男性らしく、女性が女性らしいところがすごく好き」と熱っぽく語った。登場人物では「孔明が好き。インテリ好きなので。前面に出る人もかっこいいですが、サポートする女房役の人もすごいなと思う」。自らの夫については、「うちの主人はすごく亭主関白なんですよ。性格的には孫権かな。感情が激しいけど決断力があって優しいです」とのろけた。

なお、この日は同作に出演した曹操役のチェン・ジェンビン、孔明役のルー・イー、趙雲役のニエ・ユエンらが来日して舞台挨拶に立つ予定だったが、今月1日、諸般の事情により来日延期が発表された。

三国志」は10月27日からDVDレンタル開始。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi