ベルリン映画祭開幕作品はコーエン兄弟「トゥルー・グリット」に決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月9日 > ベルリン映画祭開幕作品はコーエン兄弟「トゥルー・グリット」に決定
メニュー

ベルリン映画祭開幕作品はコーエン兄弟「トゥルー・グリット」に決定

2010年12月9日 15:16

ジョン・ウェイン主演「勇気ある追跡」をリメイク「トゥルー・グリット」

ジョン・ウェイン主演「勇気ある追跡」をリメイク
写真:AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2011年2月に開催される第61回ベルリン国際映画祭のオープニング作品が、ジョエル&イーサン・コーエン監督の西部劇「トゥルー・グリット」に決定した。

ベルリンでの上映が海外プレミアとなる同作は、69年のジョン・ウェイン主演「勇気ある追跡」のリメイク。出演はジェフ・ブリッジスマット・デイモンジョシュ・ブローリン、新人のヘイリー・スタインフェルドら。

父親を殺された14歳の少女マティ(スタインフェルド)が、保安官ルースター(ブリッジス)、テキサス・レンジャーのラ・ボーフ(デイモン)とともに犯人探しの旅をするという物語。オリジナルでルースターを演じたウェインは、アカデミー賞主演男優賞に輝いている。

コーエン兄弟とブリッジスは、98年にタッグを組んだコメディ「ビッグ・リボウスキ」の上映でも、ともに同映画祭を訪れている。「トゥルー・グリット」の米公開は12月22日。日本公開は11年3月予定。第61回ベルリン国際映画祭は、2月10日から20日まで開催され、今年が没後30年になる渋谷実監督の特集上映が行われることも決定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi