コーエン兄弟がジョン・ウェイン主演の西部劇「勇気ある追跡」をリメイク : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年3月18日 > コーエン兄弟がジョン・ウェイン主演の西部劇「勇気ある追跡」をリメイク
メニュー

コーエン兄弟がジョン・ウェイン主演の西部劇「勇気ある追跡」をリメイク

2009年3月18日 12:00

ブラピがお気楽な筋肉バカに扮する 「バーン・アフター・リーディング」「勇気ある追跡」

ブラピがお気楽な筋肉バカに扮する
「バーン・アフター・リーディング」
(C)2008 Focus Features LLC.All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 作品賞・監督賞などオスカー4部門に輝いた「ノーカントリー」のジョエル&イーサン・コーエン兄弟監督が、ジョン・ウェイン主演の69年の傑作西部劇「勇気ある追跡」をリメイクすると、英デイリー・メール紙が報じた。

コーエン兄弟が手がけるリメイク版は、正確には「勇気ある追跡」の原作であるチャールズ・ポーティス著の同名小説の再映画化になるようだ。68年に出版されたその小説は、14歳の時に父親を殺害された少女が、家族で暮らしていた米アーカンソーの農場を去り、犯人への復讐に旅立つというストーリー。

映画「勇気ある追跡」では、少女役にキム・ダービー、彼女に雇われたアイパッチ姿の凄腕保安官にジョン・ウェインが扮し、華麗な銃さばきを見せたウェインはアカデミー主演男優賞を受賞した。原作を重視するジョエル・コーエンは「この小説は、少女の物語だ」と同紙に語り、「ジョン・ウェインの映画では、少女は少し年上に描かれていたが、僕たちは彼女を小説のままの年齢にしたい」と構想を明かしている。

リメイク版の撮影に入るのは少なくとも2、3年後になるとのこと。多忙なコーエン兄弟は現在、新作コメディ「A Serious Man」(10月2日全米公開)に取り掛かっているほか、マイケル・シェイボンのベストセラー小説を映画化する「The Yiddish Policemen's Union」(2010年全米公開予定)も控えている。劇場最新作は、ブラッド・ピットジョージ・クルーニー共演のクライムコメディ「バーン・アフター・リーディング」で、4月24日日本公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi