吉川晃司のアクションは「キレまくり」“相棒”山本太郎が最敬礼 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月8日 > 吉川晃司のアクションは「キレまくり」“相棒”山本太郎が最敬礼
メニュー

吉川晃司のアクションは「キレまくり」“相棒”山本太郎が最敬礼

2010年12月8日 19:14

山本も必死のアクションを披露「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE大戦CORE(コア)」

山本も必死のアクションを披露
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 平成仮面ライダーシリーズ第11弾「仮面ライダーW」&第12弾「仮面ライダーオーズ 000」がタッグを組む劇場用新作「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE大戦CORE(コア) 」の完成報告会見が12月8日、東京・有楽町の東映本社で行われ、吉川晃司山本太郎菅田将暉渡部秀が出席した。

完成した劇場版は、吉川扮する仮面ライダースカルの誕生秘話が明かされる「仮面ライダースカル メッセージforダブル」、織田信長のミイラが人造人間となってよみがえる「仮面ライダーオーズ ノブナガの欲望」、オーズ&Wが過去の仮面ライダーたちの記憶を利用した巨大な敵・仮面ライダーコアと激闘を繰り広げる「MOVIE大戦CORE」の3話構成。すでに前売り券は20万枚を突破する売れ行きだという。

シリーズ復帰を果たした吉川は、「スタッフ、脚本、とにかく全部良かったですよ。本当に助けられっぱなし。若手が多いなか、おっさんひとりで申し訳ない」と恐縮しきり。アクションシーンを前に筋トレに励んだというが「(敵の)ドーパントを演じるのはみんな20代。俺なんて倍の年齢だから」と自虐的だった。また、菅田に対して「どんどん背が伸びてるね。身長も芝居も成長して、素晴らしい俳優さんになってほしい」とエールをおくった。

一方、“相棒”役の山本は「吉川さんとのきずなが深まった。今や日本海溝よりも深いです」。吉川が披露する吹き替えなしのアクションに「ヤバイです。キレまくりです。その年齢でそんな回し蹴りしますか? と思った」と最敬礼。しかし「吉川さんがご自分でやる以上、『僕は吹き替えで』とは言えなかった。できれば吹き替えをお願いしたかったが……」と本音をもらした。

仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカルMOVIE大戦CORE(コア)」は、12月18日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi