P・ジャクソン監督「ホビット」にケイト・ブランシェットが参加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月8日 > P・ジャクソン監督「ホビット」にケイト・ブランシェットが参加
メニュー

P・ジャクソン監督「ホビット」にケイト・ブランシェットが参加

2010年12月8日 15:05

ガラドリエル役で出演「ロード・オブ・ザ・リング」

ガラドリエル役で出演
写真:AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ピーター・ジャクソン監督の最新作「ホビット(原題)」に、ケイト・ブランシェットが出演することが正式に発表された。「ロード・オブ・ザ・リング」3部作で演じたエルフの王妃ガラドリエル役に再び臨む。

「ホビット」は、「ロード・オブ・ザ・リング」のプリクエル(前章)にあたるJ・R・R・トールキン原作「ホビットの冒険」を2部作として映画化するもの。主役ビルボ・バギンズを英俳優マーティン・フリーマン、ドワーフの仲間の指導者トーリン・オーケンシールドを英俳優リチャード・アーミテージが演じる。

また今回、ブランシェットのほかに、ドワーフのバーリン役のケン・ストットシルベスター・マッコイミカエル・パーシュブラントライアン・ゲイジ、ジェド・ブロフィ、ウィリアム・キルシャーの6人の追加キャストが発表された。

「ホビット」2部作は、2011年2月から連続して、全編デジタル3Dでの撮影を予定している。第1部は12年12月、第2部は13年12月に公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi