日本が舞台の「ウルヴァリン2」監督にダーレン・アロノフスキー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月7日 > 日本が舞台の「ウルヴァリン2」監督にダーレン・アロノフスキー
メニュー

日本が舞台の「ウルヴァリン2」監督にダーレン・アロノフスキー

2010年10月7日 15:06

来年日本で撮影予定「レスラー」

来年日本で撮影予定
写真:Chris Ashford/Camera Press/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ダーレン・アロノフスキー(「レスラー」)が、ヒュー・ジャックマン主演「ウルヴァリン/X-MEN ZERO」の続編の監督として交渉中であることが分かった。同作は日本を舞台とした物語になる。

米Deadline Hollywoodによれば、アロノフスキー監督は現在、製作を手がける米20世紀フォックスと、クリエイティブな権限についての話し合いに入っているという。「X-MEN」シリーズのスピンオフとしてウルヴァリン誕生の秘密を描いた前作に対するハリウッドの評価は、決して高くはなかった。しかし、オスカー脚本家クリストファー・マッカリー(「ユージュアル・サスペクツ」)が執筆した続編の脚本は、シリーズ最高の出来と言われており、さらにアロノフスキー監督は「ファウンテン 永遠につづく愛」でタッグを組んで以来、ジャックマンと良好な関係を築いているため、監督を引き受ける可能性は低くないと見られている。同作の監督候補には、デビッド・スレイド(「エクリプス トワイライト・サーガ」)の名前もあがっている。

アロノフスキー監督は、米ワーナー・ブラザースの新作「スーパーマン:ザ・マン・オブ・スティール(原題)」の監督候補にもなっていたが、こちらはザック・スナイダー監督(「300 スリーハンドレッド」)に決定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi