アンジーが蹴った3D大作、ナタリー・ポートマンも辞退 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月7日 > アンジーが蹴った3D大作、ナタリー・ポートマンも辞退
メニュー

アンジーが蹴った3D大作、ナタリー・ポートマンも辞退

2010年10月7日 15:06

次にオファーされるのは誰?「天国の口、終りの楽園。」

次にオファーされるのは誰?
写真:Press Association/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アルフォンソ・キュアロン監督(「天国の口、終りの楽園。」「トゥモロー・ワールド」)がメガホンをとる、製作費8000万ドルの3D大作「グラビティ(原題)」の主演に指名されていたナタリー・ポートマンが、辞退したことが分かった。ポートマンが指名される前には、アンジェリーナ・ジョリーが同じ役を辞退している。

米Deadline Hollywoodによれば、ポートマンは脚本を読み、検討を重ねたうえで出演を断ったという。周回軌道にある望遠鏡を修理する宇宙飛行士たちの物語で、ジョリー、ポートマンがオファーされていたのは、主人公となる宇宙で遭難する女性宇宙飛行士役。ジョリーの企画離脱後、ポートマンのほかサンドラ・ブロックナオミ・ワッツマリオン・コティヤールキャリー・マリガンスカーレット・ヨハンソンらが候補にあがっており、今となっては次に誰が交渉の対象になるのか、ハリウッド中の興味の的となっている。

同作にはロバート・ダウニー・Jr.の出演が決定しているが、「キャスト・アウェイ」(2000)でトム・ハンクスが演じた遭難者同様、映画の大部分は、主人公の女性のみのシーンとなる。2011年1月下旬クランクイン予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi