サプライズ熱唱の中川翔子、キスシーンは「歯磨きしすぎて血が出た」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月2日 > サプライズ熱唱の中川翔子、キスシーンは「歯磨きしすぎて血が出た」
メニュー

サプライズ熱唱の中川翔子、キスシーンは「歯磨きしすぎて血が出た」

2010年10月2日 16:21

主題歌を熱唱する中川翔子「恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない」

主題歌を熱唱する中川翔子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] “しょこたん”こと中川翔子が初主演したドラマ「恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない」が、ファンからの要望を受けて2週間限定で劇場公開。初日となる10月2日、中川が東京・新宿バルト9で舞台挨拶に登場した。

中川のシングル「千の言葉と二人の秘密」をモチーフに、人と接することが苦手な図書館司書の泉(中川)と、明るく活発な青年ネル(鈴木裕樹)の恋が描かれる。「月とキャベツ」「はつ恋」などで知られる篠原哲雄監督がメガホンをとった。

初めて主演を務めた中川は、セリフを覚えるのに苦労したようで「赤いマーカーを緑の下敷きで隠すチェックシートを買いました」と告白。だが撮影が進むうち自然と役に入り込み、重要なシーンでは「セリフを覚えるのではなく、『いま心から言いたい』という気持ちになりました」と手応えを感じたようだ。

キスシーンにも挑戦したが、「歯を磨きすぎて血が出ちゃいました。フリスクも1箱なくなった」と述懐。「でも泉さんが強くなろうと決意し、殻を破った瞬間。そこで自分の歌がかかる。人生の中でも大スペクタクル・ロマンでした!」と大満足の様子だった。

その後、篠原監督からの「いつか長編映画を作りましょう」というメッセージが伝えられると、「初めてブログが書けなくなり、ご飯が食べられなくなった。そのくらい大きな体験。監督にそんなお言葉をいただけてうれしい」と感激しきり。舞台挨拶が終わると、劇場内チケットカウンター上のバルコニーにサプライズで登場し、主題歌を熱唱。集まったファンや偶然居合わせた一般客を沸かせた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi