上川隆也「目を奪われた」早乙女太一の殺陣を絶賛 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月2日 > 上川隆也「目を奪われた」早乙女太一の殺陣を絶賛
メニュー

上川隆也「目を奪われた」早乙女太一の殺陣を絶賛

2010年10月2日 17:52

早乙女太一を絶賛

早乙女太一を絶賛
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「劇団☆新感線」の人気舞台を、最新のデジタル技術を使用し映画館で上映する「ゲキ×シネ」シリーズ最新作「蛮幽鬼」が10月2日、全国25スクリーンで初日を迎え、主演の上川隆也山内圭哉が東京・新宿バルト9で舞台挨拶に立った。

昨年、東京・新橋演舞場で上演された同名舞台を17台のカメラで収録し編集。無実の罪で監獄島に幽閉された男・伊達土門(上川)の復しゅうを描く時代劇アクションで、上川は2004年の「SHIROH」に続き、劇団☆新感線には2度目の参加となる。そして堺雅人稲森いずみ早乙女太一らが同劇団との初コラボレーションを実現させた。

上川は「もう目を奪われますよ」と剣の達人を演じた早乙女の殺陣シーンを絶賛。「グリップがソフト。ぎゅっと握りしめていないから、あの流れるような動きができる」と分析した。そのため、公演中に早乙女が剣を落とす場面もあったというが「そこで終わらないのが太一のすごいところ。何食わぬ顔で、端でスタンバイする舞台監督が持っていた剣を取り、芝居を続けたんですよ」と称えた。

また、伊達土門に力を与えるナゾの殺し屋役の堺雅人とは、連日、風呂をともにする仲だったそうで「日に日に体に巻かれるテーピングの数が増えていった。でも、単に痛いところに巻いているだけだからミイラ男状態に。僕からテーピングの本を貸してあげました」。過酷な公演で、堺の体は「だんだん細マッチョ化していった」(上川)そうで、「あの穏やかな表情の下には、鍛え上げられた肉体があるんですよ。皆さん、見たいでしょ?」と自慢していた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi