虎南有香、共演俳優に「放り投げられた」と恨み節 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月2日 > 虎南有香、共演俳優に「放り投げられた」と恨み節
メニュー

虎南有香、共演俳優に「放り投げられた」と恨み節

2010年10月2日 19:57

女優陣が全員で懐かしのポーズ「忘れられない、あの夏」

女優陣が全員で懐かしのポーズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アイドルユニット「中野腐女シスターズ」の虎南有香が初主演を果たした「忘れられない、あの夏」の初日舞台挨拶が10月2日、東京・板橋区のワーナー・マイカル・シネマズ板橋で行われ、虎南をはじめ西興一朗西本はるか(元パイレーツ)、川崎希(元AKB48)らが登壇した。

無人島に遭難した離島暮らしのヒロイン香織(虎南)、都会から来たわがままな若手俳優トム(西)と旬を過ぎた中年女優(さとう珠緒)が、大自然を背景にせつない恋愛ドラマを繰り広げる。

虎南は、「そもそも演技もほとんど経験がなかったので、どう演じたらいいのか模索しながら撮影しました。今年の冬に撮影した作品がこうして皆さんに見ていただけるのは、本当にうれしい」と万感の表情。相手役の西は、「台本に自分の役名がトムって書いてあって、ついに外国人役がきたかと思ったが、日本人役でした」。劇中では西が虎南を抱きかかえるシーンがあるが、撮影中、西が波に足を取られ、虎南を砂浜に放り投げてしまいNGを出してしまったという。西は「もちろんわざとじゃない」と弁解したが、虎南は「いや、滞空時間がすごく長かった」と恨み節をこぼした。

西本は先日、完成披露試写会の席で、妹役の川崎との共演に「本気でイライラした」と発言。この日は「あれが記事になって、アメーバニュースの第1位になってしまった。本当はすごく仲いいんで」と釈明。それでも、「英語が話せると聞いて、(ロケ地の)グアムで買い物に付き合ってもらった。でも希ちゃん、店員さんに普通に日本語で話しかけていて……。確か、留学していたんだよね?」と再び“イライラ”エピソードを披露。川崎は、「しばらく使っていないうちに、(英語が)しゃべれなくなった。グアムは日本語でもだいたい通じるので」とマイペースだった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi