上川隆也、早乙女太一の殺陣にぞっこん : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月26日 > 上川隆也、早乙女太一の殺陣にぞっこん
メニュー

上川隆也、早乙女太一の殺陣にぞっこん

2010年7月26日 11:35

劇団☆新感線の人気公演を映画館で

劇団☆新感線の人気公演を映画館で
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ゲキ×シネ「蛮幽鬼」の完成披露試写会が7月25日、東京・スペースFS汐留で行われ、主演の上川隆也稲森いずみ早乙女太一、脚本の中島かずきらが舞台挨拶に立った。

ゲキ×シネは、演劇を映画館で楽しむ新感覚エンターテインメント。同作は、チケットの取りにくい劇団のひとつとして知られる「劇団☆新感線」の同名舞台(2009年9~10月公演)を17台のカメラで収録&編集した同企画の最新作だ。

上川は、劇団☆新感線作品には「SHIROH」(2004)に続いての出演。今回演じるのは復しゅうの鬼・伊達土門役で、「人を好きになるときも恨むときも真っすぐな男なので、直球で演じさせてもらいました」と振り返った。

劇団☆新感線の舞台が初となる稲森と早乙女は、ともに「楽しくて仕方なかった」。特に早乙女は、「大好きな殺陣を死ぬほどやらせてもらったことが楽しかった」と明かすと、上川は「太一は、殺陣師の人がたった1回お手本を見せるだけですぐに覚えてしまう。僕は殺陣のシーンで迷惑をかけてばかりだった……」と大衆演劇の若手スターを称えていた。

主演の上川との共演については、「常にスマート。どんなに汗をかいていても爽やかで余裕を感じました」(稲森)、「パワーの塊のような人でした」(早乙女)と絶賛の嵐で、これには上川も照れ笑いをのぞかせたが、中島は「上川さんの汗が尋常じゃないので、脚本を書いた立場として申し訳なくて……」と恐縮しきり。その後は、上川の汗に関する話ばかりが展開され「もう汗の話はいいです! 汗を見る作品じゃないですから!」とタジタジだった。それでも、「酒宴の席でテーブルにちゃんと料理が乗っていることとか、橋本じゅんさんのメイクのディテールとか、細部を楽しんでほしいですね」と見どころをアピールした。

「蛮幽鬼」は、10月2日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi