溝端淳平、DAIGOの意外な素顔を暴露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月11日 > 溝端淳平、DAIGOの意外な素顔を暴露
メニュー

溝端淳平、DAIGOの意外な素顔を暴露

2010年9月11日 15:43

DAIGOの意外な素顔が明らかに?「君が踊る、夏」

DAIGOの意外な素顔が明らかに?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 難病の少女との約束を果たすため、よさこいに情熱を注いだ若者たちの実話を映画化した「君が踊る、夏」(香月秀之監督)が9月11日に初日を迎え、主演の溝端淳平をはじめ、共演の木南晴夏五十嵐隼士大森絢音、DAIGO、高島礼子が東京・銀座の丸の内TOEIで舞台挨拶を行なった。

プロカメラマン志望の新平(溝端)は、元恋人の香織(木南)の妹さくら(大森)が難病を患っていることを知る。彼はさくらと5年前に交わした「一緒によさこいを踊る」という夢をかなえるため、仲間と共に立ち上がる。

溝端は「僕が主演を務め上げることができたのも、たくさんの人に支えられたから。みんなの思いが結集した映画をやっと届けられて嬉しいです」と感無量の様子。一方、木南も「この日が待ち遠しかった……」と早くも号泣。

そんなしみじみモードを吹き飛ばしたのが、劇中でキーパーソン的存在の智也を演じたDAIGO。「初ムービーがこの映画でガチよかったっす。よさこウィッシュ、ハンパないんで!」と、まずはいつものDAIGO節。さらに「一応役づくりに悩んだんすけど、監督から『そのまんまでいい』と言われて……」とやや拍子抜け気味だった舞台裏を明かすと、共演の溝端から「めちゃくちゃ緊張されてましたよね? DAIGOさんって、いい加減そうに見えて実はマジメで紳士的なんですよ」と意外な素顔を暴露されていた。

また、出演者全員がよさこい未経験だったため、クライマックスで見せる演舞シーンに向けて2カ月半に及ぶ練習に励んだ。大森は「すごく楽しくて、撮影から1年たった今も、お家で踊ってます」とニッコリ。高島も「よさこいは前進しながら踊るのが難しい。みんな草履がすり切れるまで練習していたし、淳平は休憩中も見学者の前で踊ってみせたりとサービス精神おう盛でしたよ」と振り返った。

最後に溝端は「悪い人が一切出てこず、今どき珍しいまっすぐでピュアな映画です!」と作品の出来に自信を見せていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi