溝端淳平、“お化け”からの花束に顔ヒクヒク : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月28日 > 溝端淳平、“お化け”からの花束に顔ヒクヒク
メニュー

溝端淳平、“お化け”からの花束に顔ヒクヒク

2010年6月28日 07:40

ゆかりちゃん、顔が見えないよ……「NECK ネック」

ゆかりちゃん、顔が見えないよ……
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 覆面作家・舞城王太郎が書き下ろした舞台「NECK ネック」の2週間限定スクリーン上映が6月26日、東京・新宿バルト9で始まり、主演の溝端淳平と演出・出演の河原雅彦が初日舞台挨拶に立った。

舞城の原作をもとに、今年2月に東京・渋谷の青山円形劇場で上演された舞台を7台のカメラで収録。「首から下が動けないという一番嫌な状況で、一番怖いことが起こる」というシチュエーションで、溝端や河原ら首まで地面に埋まったキャスト陣が舌戦を繰り広げる。溝端は、8月21日から劇場公開される別ストーリーの映画版「NECK ネック」(白川士監督)でも主演を務める。

舞台初出演となる溝端は、「首まで埋まっているストレスがすごかった。動きの芝居がないに等しい状況で、自分がきっかけとなるセリフも多かったので勉強になりました」。今回のスクリーン上映を、「まさか首だけの舞台を映画館で見てもらえるなんて。舞台では(客席から)見えない表情もあるので、ぜひ楽しんでほしい」とアピールした。

演出も手がけた河原は、舞台俳優としての溝端を「素晴らしいに決まっているじゃないですか。物おじすることもないし、何よりのどが強い! これが若さですかね」と絶賛。一方の溝端は、「毎回、反省会で細かいところまでダメ出ししてくれました。公演を重ねるたびに、クオリティをあげてくれた」と振り返った。

舞台版と映画版の違いについて、溝端は「映画のほうがもっとポップで、遊園地のお化け屋敷みたい。後を引かない怖さが魅力」と力説。だが、映画版に登場するお化けの“ゆかりちゃん”が花束を手にサプライズ登壇すると、表情を引きつらせていた。

NECK ネック」はアスミック・エース配給で、8月21日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi