溝端淳平「俳優である以上使命」とゴールドリボン活動に参加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月8日 > 溝端淳平「俳優である以上使命」とゴールドリボン活動に参加
メニュー

溝端淳平「俳優である以上使命」とゴールドリボン活動に参加

2010年9月8日 19:29

真っ直ぐでピュアな映画とPR「君が踊る、夏」

真っ直ぐでピュアな映画とPR
[拡大画像]

[映画.com ニュース] よさこい祭りに情熱を燃やす若者たちの実話を映画化した「君が踊る、夏」(香月秀之監督)のチャリティトークショーが9月8日、都内で行われ、主演の溝端淳平、子役の大森絢音、ジャーナリストの鳥越俊太郎が出席した。

同作は、小児ガンに侵され、つらい闘病生活をおくる少女さくら(大森)の願いをかなえるため、新平(溝端)率いる若者たちが伝説のよさこいチームを再結成させ、祭りへ参加するため切磋琢磨(せっさたくま)する姿を描く青春映画。

同イベントは、小児ガンの患者及び家族を支援する「財団法人 がんの子供を守る会」のゴールドリボン基金活動を多くの人々に認知してもらう目的で実施。溝端は、「チャリティの経験があまりないので、この作品を通じて参加できて心からうれしい。映画を通して何かを伝えていくということは、俳優である以上使命だと思う」と決意表明。そして、「良い意味でいまどき珍しい真っ直ぐでピュアな映画。色々なテーマがつまっている」とPR。小児ガンの少女を演じた大森も「(モデルになった女の子と)実際に会ったら、すぐ仲良くなれちゃうような元気で明るい子だった。たくさんの人に色々なことが伝えられてうれしい」と話した。

自身も4度のガン手術を乗り越えた鳥越は、「人間は誰でも免疫力をもっている。『よさこいを踊りたい!』という目的が少女の免疫力を高め、その命のもつ不思議な力で病気を乗り越えている」と持論を展開。そして、「ストーリーは決して軽々しいものじゃないが、心が清々しくなるような映画。シンプルだけど引き込まれる」と絶賛した。

君が踊る、夏」は、9月11日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi