深田恭子、主演映画主題歌「秘密」で初のPV出演 迫真の号泣演技も : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月8日 > 深田恭子、主演映画主題歌「秘密」で初のPV出演 迫真の号泣演技も
メニュー

深田恭子、主演映画主題歌「秘密」で初のPV出演 迫真の号泣演技も

2010年9月8日 15:09

深キョン、迫真の号泣演技に注目「秘密」

深キョン、迫真の号泣演技に注目
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の深田恭子が、話題の新人ユニット「RAM WIRE(ラムワイヤー)」の先行配信曲「秘密」のPVに出演している。同曲は深田の主演最新作「恋愛戯曲 私と恋に落ちてください。」の主題歌。歌手活動時の自身のPVを除き、深田が他アーティストのPVに出演するのは今回が初めてで、同PVは全国30カ所の街頭ビジョンでも順次オンエアされている。

同作は、劇作家・鴻上尚史の人気舞台を自らのメガホンで映画化。深田はスランプ中の脚本家・谷山真由美を演じ、「現実のワガママで男を振り回す脚本家」「彼女が書く台本の地味でさびしい人妻」「その人妻が書く台本のゴージャスな女性作家」という、現実と架空の3人のヒロインを演じ分けた。

同PVは映画のスピンオフ的ストーリーで、谷山が自分自身の恋愛の「秘密」をドラマの脚本にしたという設定で描かれる。思いを寄せていた幼なじみの男女が付き合いはじめたことで、深田演じる真理子が自分の思いを“秘密”として胸にしまってしまうという筋立てだ。

深田は、「こういう愛し方もあるんだなっていう風に、すごく新鮮でした。せつないけれども強い思いっていうのを、演じていても曲を聴いてもすごく感じました」。せつなさのあまり号泣するシーンもあり、「ドラマや映画とも違って、短い構成のなかで、泣くシーンがいきなりきて、ぱっと涙を流すというのが大変でした」と話している。

「RAM WIRE」は、2005年にボーカルのユーズ、MCのMONCH(モンチ)、トラックメイカーでDJのRYLL(リル)で結成。「明日がくるなら」(JUJU with JAY'ED)などヒット曲のサウンドプロデュースを多数手がけ、10月27日にデビューアルバム「Beautiful World」を発売予定。同アルバムにも収録される「秘密」は9月15日から着うた、9月25日から着うたフル、ビデオクリップフルで配信する。

「恋愛戯曲 私と恋に落ちてください。」は9月25日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi