深キョン、アンナ、中谷美紀ら豪華俳優陣、中島哲也監督に“リベンジ” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月27日 > 深キョン、アンナ、中谷美紀ら豪華俳優陣、中島哲也監督に“リベンジ”
メニュー

深キョン、アンナ、中谷美紀ら豪華俳優陣、中島哲也監督に“リベンジ”

2010年5月27日 17:18

シャンパンで乾杯!「告白」

シャンパンで乾杯!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 中島哲也監督の最新作「告白」の公開を記念し、これまでの代表作を一挙上映する特別企画「中島哲也映画祭」が5月27日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた。

中島監督は、「こんな趣旨不明のイベントに集まっていただけるなんて感謝感激、感無量です。お客さんが来るはずがないと言ったんですが、本当にありがとうございます」と照れっぱなし。そんな中島監督を祝福すべく、「下妻物語」(2004)の深田恭子土屋アンナ、「嫌われ松子の一生」(06)の中谷美紀、「パコと魔法の絵本」(08)の役所広司アヤカ・ウィルソン阿部サダヲ、「告白」(10)の松たか子木村佳乃という豪華な布陣が駆けつけた。

深田は、「撮影では中島監督は怒るし、アンナはキレるし、本当に大変でした」と振り返った。同作が銀幕デビューの土屋も、「私は楽しかったけど、とにかく『セリフを覚えろ』ってうるさかった」と援護射撃。一方の中島監督は、「2年に1本くらい細々と映画を撮っていけるきっかけになった作品。深田さんがもう少し怒りっぽい人だったら、この映画は完成しなかったんじゃないかな。土屋は獣のような人だから、何を言っても大丈夫」と豪快に笑った。

中谷は撮影当時、中島監督が大嫌いだったと明かし「今でも監督の怒鳴り声や罵声(ばせい)が耳元に残っています」と苦笑い。それでも、「演技で泣かなくちゃいけないのに泣けないとき、監督の顔を思い出すと泣けてくるんです。女優人生の中でかけがえのない作品になりました」と話し、場内の爆笑を誘っていた。

俳優陣からの“集中砲火”に終始、平身低頭だった中島監督は「アヤカちゃんは、僕に対して厳しいんですよ。『何もしていないあなたがどうしてそんなにいばっているの? 監督ってそんなにえらいの?』と言われて、子どもって怖いなと思いました」と当時9歳だった天才子役のひと言が忘れられない様子。そして、「今までダメ監督といわれながら何とかやってこられたのは、皆さんのおかげ。本当にありがとう」と頭を下げていた。

告白」は東宝配給で、6月5日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi