「アラビアのロレンス」1日限定で六本木のメインスクリーン“占拠” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月8日 > 「アラビアのロレンス」1日限定で六本木のメインスクリーン“占拠”
メニュー

「アラビアのロレンス」1日限定で六本木のメインスクリーン“占拠”

2010年9月8日 15:09

アカデミー賞7部門受賞の大作を大スクリーンで「アラビアのロレンス」

アカデミー賞7部門受賞の大作を大スクリーンで
(C)1962,1989 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC.
ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画の黄金時代といわれる1950~70年代の作品を中心に、厳選した外国映画50本を毎日午前10時から上映する「午前十時の映画祭」。同映画祭の上映劇場でもある東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで、9月12日に限り「アラビアのロレンス」が同館最大のスクリーン7で上映されることが決まった。

今年2月6日からスタートした「午前十時の映画祭」は、現在31週目に突入。「ゴッドファーザー」「大脱走」「エデンの東」「ローマの休日」といった名画を上映し、9月3日までの観客動員は全国で36万5828人、興行収入は3億5330万6800円を突破している。すでに第2回開催の要望も多数寄せられるなか、「シネコンの一番大きなスクリーンで見たい」という声も多く寄せられたことから、都内でも最大級のスクリーンであるTOHOシネマズ六本木ヒルズのスクリーン7で「アラビアのロレンス」が上映されることになった。

同作は、イギリスの名匠デビッド・リーンによる、実在した軍人の伝記をもとにした上映時間227分の長編スペクタクル。アメリカ公開された62年の年間興行成績で第2位の2億9020万ドルを記録し、第35回アカデミー賞では作品賞をはじめ7部門を受賞した。日本でも63年に初公開されると、71、73、75、08年とリバイバル上映が繰り返されている。

「午前十時の映画祭」は全国25劇場で行われている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi