五輪メダリスト・上野由岐子が、オランダ戦控えたサムライブルーに必勝法 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月19日 > 五輪メダリスト・上野由岐子が、オランダ戦控えたサムライブルーに必勝法
メニュー

五輪メダリスト・上野由岐子が、オランダ戦控えたサムライブルーに必勝法

2010年6月19日 17:04

画像1

五輪金メダリストから日本代表にエール
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優・永山絢斗の初主演映画「ソフトボーイ」が6月19日、全国80スクリーンで公開され、永山と共演の賀来賢人加治将樹中村織央豊島圭介監督が東京・新宿バルト9で行われた初日舞台挨拶に立った。

佐賀県の高校で起こった実話をもとに、高校生活最後の夏をソフトボールにかける男子高校生たちの姿を描いた青春映画。フランス料理のシェフを夢見るまじめな高校生オニツカ(永山)が、県内に男子ソフトボール部がないことに気づいたお調子者のノグチ(賀来)に、創部すればすぐに全国大会に出場できると誘われ、即席でチームを作りあげる。

永山は「今日は予想と違って、晴れてうれしいですね」とマイペースな挨拶。その後も司会者からの質問に「そうですね」「そうなりますね」「普通です」など言葉少なげ。一方の賀来は開口一番「僕自身、完全燃焼したといえる自信作です」と胸を張り、「ふざけるところはふざけて、シリアスなシーンでは皆、一言も話さない。メリハリのある緊張感ある現場だった」と述懐。主演の2人が役柄同様、対照的な性格を見せていた。


きずなと気持ちで必勝!「ソフトボーイ」

きずなと気持ちで必勝!
[拡大画像]

舞台挨拶には、スペシャルゲストとして2008年北京オリンピックの女子ソフトボールで金メダルを獲得した上野由岐子投手が登壇。「ソフトボール選手として、映画でソフトボールを取り上げていただけるのはとてもうれしい」と挨拶した。上野は同作で映画デビューもしており、「(演技は)試合より緊張しましたね」。また、同日夜には、南アフリカで開催中のワールドカップで日本対オランダ戦が行われる。上野は「日本はきずなで勝てるチームだと思います。オランダは優勝候補ですが、相手に気持ちで負けないでほしい」と世界の舞台で戦うサムライブルーに必勝法を伝授した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi