金メダリスト上野投手の豪速球が炸裂!永山絢斗主演「ソフトボーイ」会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月16日 > 金メダリスト上野投手の豪速球が炸裂!永山絢斗主演「ソフトボーイ」会見
メニュー

金メダリスト上野投手の豪速球が炸裂!永山絢斗主演「ソフトボーイ」会見

2009年9月16日 12:00

やっぱり金メダリストの球は違う!「ソフトボーイ」

やっぱり金メダリストの球は違う!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 高校生活最後の夏をソフトボールにかける男子高校生たちの姿を描く「ソフトボーイ」。9月にクランクインしたばかりの同作の撮影現場が、9月15日、マスコミに公開され、主演の永山絢斗賀来賢人、ゲスト出演する北京五輪金メダリストの上野由岐子投手、豊島圭介監督が記者会見を行った。

本作は、佐賀県の高校での実話を基にした青春スポコンムービー。フレンチのシェフを夢見るまじめな高校生オニツカ(永山)が、県内に男子ソフトボール部がないことに気づいたお調子者のノグチ(賀来)に、創部すればすぐに全国大会に出場できると誘われ、即席でチームを作りあげるというストーリー。

ソフトボールをナメてかかる一同を震え上がらせる豪腕ピッチャーという役どころで出演する上野投手は、「ソフトボールを取り上げてくださってうれしい。五輪種目から外れてしまったので、これをきっかけにブームが再燃すれば」と意気込み十分。女房役の峰捕手を相手に、北京五輪でも見せた時速110キロの速球を投げ込んだほか、セリフにも挑戦した感想を「試合よりも緊張した。人の期待に応える演技をするのは大変だったけれど、みんながカバーしてくれた」とはにかんだ笑顔で語った。

一方、「世界の上野さんをお迎えしての撮影なんて、なかなかできることじゃない。すごく楽しみにしていた」という豊島監督は、上野投手の演技を「他の俳優と同じように、感情を気にしていた。すごく飲み込みが早いし、パーフェクト」とベタ褒め。体感速度160キロとも言われる豪速球を目の当たりにした永山と賀来は、「なんて速いんだ!と、すごく感動した。こんな機会、2度とないと思う」(永山)、「すごすぎて引いた。撮影前に合宿もしたけれど、僕らがいかにヘナチョコか思い知った。もっと頑張らないと」(賀来)と、大いに刺激を受けた様子だった。

ソフトボーイ」は10月初旬にクランクアップ、2010年初夏に公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi