秋山莉奈、「電王」初日に涙を封印! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月19日 > 秋山莉奈、「電王」初日に涙を封印!
メニュー

秋山莉奈、「電王」初日に涙を封印!

2010年6月19日 17:04

オシリーナ、もう泣きません!「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE YELLOW お宝 DE エンド・パイレーツ」

オシリーナ、もう泣きません!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE YELLOW お宝 DE エンド・パイレーツ」が6月19日、全国216スクリーンで封切られ、主演の戸谷公人秋山莉奈、声優を務める遊佐浩二てらそままさき鈴村健一柴崎貴行監督が、神奈川・横浜ブルク13で舞台挨拶を行った。

イマジンが憑依(ひょうい)した海東大樹(戸谷)が電王のパスとデンライナーを強奪。仮面ライダーG電王に変身する時間警察の黒崎レイジ(古川雄大)が、大樹を追う。やがて明かされる2人の悲しい過去とは?

戸谷は客席から沸き起こる大歓声に「正直、皆さんの反応が気になっていましたが、大満足です」と興奮した様子。「ディケイドで僕の出番は終わったと思っていたので、現場に戻ることができてうれしい。まあ、冬のクランクアップ(『仮面ライダー×仮面ライダー/W&ディケイドMOVIE大戦2010』)で大泣きしてたんで、2カ月くらいで戻ってきちゃって恥ずかしかったですけど」とシリーズ復帰に照れ笑いを浮かべた。

デンライナーの乗務員ナオミを演じる秋山も、「またデンライナーに乗れてうれしい。私は舞台挨拶のたびに泣いちゃうんですけど、いつかまた(デンライナーに)乗れると思うので今日は泣きません!」と涙を封印。自身が特殊メイクで変身するシーンを「もっと気持ち悪いものになると思っていたけど、スタッフさんが『ナオミちゃんだから、気持ち悪くはできないなあ』って言ってくれて」。これに対し、戸谷が「俺だったら、もっと気持ち悪くしちゃうけど」と語ると、「ドSですね」と切り返した。

「超・電王」シリーズ史上初の試みとして、「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル」(5月22日公開)、「EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル」(6月5日)、そして「EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ」と3本の新作が東映配給で連続公開されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi