J・キャリー&E・マクレガー「フィリップ」で濃厚キス6回披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月17日 > J・キャリー&E・マクレガー「フィリップ」で濃厚キス6回披露
メニュー

J・キャリー&E・マクレガー「フィリップ」で濃厚キス6回披露

2010年3月17日 11:44

寸止めなんて…我慢できない!「フィリップ、きみを愛してる!」

寸止めなんて…我慢できない!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 仏映画「フィリップ、きみを愛してる!」に主演のジム・キャリーユアン・マクレガーが、劇中で濃厚なキスシーンを披露していることが話題を呼んでいる。

キャリーが演じたのは、ゲイに目覚めた元警察官でIQ169の天才詐欺師スティーブン。刑務所でマクレガー扮する繊細で汚れを知らないフィリップと運命的な出会いを果たし、恋に落ちていくという実話に基づくラブストーリーだ。

同作は、フィリップに「きみを愛してる!」と伝えるためだけに4度も脱獄を繰り返し、現在も懲役167年の刑で服役しているスティーブンの純愛が軸に描かれている。そんな献身的かつ盲目的な愛を貫く2人にとって、キスシーンは不可避。劇中では、獄中の監房でダンスをする最中に5回、出所後にリゾート地の浜辺で夕日をバックに1回と合計6回の濃厚なキスを披露している(ほほへのキスを含むと7回)。

マクレガーは、キスシーンを振り返り「あの場面そのものが踊ってキスするというシーンだったから、確かにロマンチックな気分になったよ。現場で音楽が流れていたかどうかは覚えていないけれど、すごくいい雰囲気だった」。そして、キスの味については「ラズベリー風味かな」と語っている。

また、2月にワールドプレミアで渡仏した2人は、フランス政府から芸術文化勲章の騎士(シュバリエ)の爵位を授与された際にも、勲章を胸につけて濃厚なキスを見せつけて喜びを表現。この“騒動”は、米人気TV番組「レイトショー・ウィズ・デビッド・レターマン」にマクレガーが出演したときにも取り上げられ、「僕らの結婚式の写真だよ」と話し、笑いを誘っていた。

フィリップ、きみを愛してる!」はアスミック・エース配給で公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi