映画のモデルになったゲイ男性が「フィリップ」に弁護士役でカメオ出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月3日 > 映画のモデルになったゲイ男性が「フィリップ」に弁護士役でカメオ出演
メニュー

映画のモデルになったゲイ男性が「フィリップ」に弁護士役でカメオ出演

2010年3月3日 11:49

キャリーの右隣が本物のフィリップさん「フィリップ、きみを愛してる!」

キャリーの右隣が本物のフィリップさん
Photos:Patti Perret(c)2009 EUROPACORP
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米映画「フィリップ、きみを愛してる!」のモデルのひとりになったフィリップ・クラーク・モリスが、同作の重要なシーンに弁護士役としてカメオ出演していることが分かった。

同作は、ジム・キャリーユアン・マクレガーが主演。ゲイに目覚めた元警察官でIQ169を誇る天才詐欺師スティーブン(キャリー)が、刑務所で運命的な出会いを果たしたフィリップ(マクレガー)と恋に落ちる実話に基づいたラブストーリー。

モリスが出演しているのは、物語がクライマックスに差し掛かる法廷シーン。フィリップを釈放するため、弁護士になりすました罪で逮捕されたスティーブンの弁護を担当する弁護士に扮している。フィリップに「愛している」と伝えるためだけに脱獄を4度繰り返し、現在も懲役167年の刑で服役しているスティーブン・ラッセル。劇中とはいえ、かつて愚直なまでに自らを一途に愛し続けてくれた恋人の弁護人という役どころでの抜てきは、粋な計らいといえよう。

映画でフィリップに扮したマクレガーとフィリップ本人は、撮影前に対面を果たしているという。マクレガーは、「彼が住んでいるアーカンソーに行って、1日半ほど一緒に過ごしたんだ。夕食をともにしたり、散歩をしながら、ずっと彼を観察していたよ」と述懐。汚れを知らない純粋な青年役を演じきったマクレガーの姿にも注目だ。

フィリップ、きみを愛してる!」はアスミック・エース配給で、3月13日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi