生田斗真、映画初主演も「胸を張って自信作と言える」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月27日 > 生田斗真、映画初主演も「胸を張って自信作と言える」
メニュー

生田斗真、映画初主演も「胸を張って自信作と言える」

2010年1月27日 20:57

若手からベテランまで豪華俳優陣が集結「人間失格」

若手からベテランまで豪華俳優陣が集結
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 太宰治生誕100周年を記念し、代表作のひとつを実写映画化した「人間失格」の完成披露試写会が行われ、主演の生田斗真伊勢谷友介石原さとみ小池栄子坂井真紀森田剛石橋蓮司荒戸源次郎監督、製作総指揮の角川歴彦らが舞台挨拶に登壇した。

津軽の資産家に生まれた葉蔵(生田)は、幼いころから周囲になじめずにいたが、上京先の画塾で遊び人の堀木(伊勢谷)と出会い、酒と女に溺れる放とう生活を送るようになる。しかしそんな日々にも虚しさを募らせていくばかりの葉蔵は、やがて破滅の道をたどっていく。

映画初出演にして初主演に挑んだ生田は、「『人間失格』は、本当に胸を張って自信作と言える作品。こうして見ていただく日を心待ちにしていたので感無量です。素敵な先輩方に囲まれた、素晴らしい現場でした」と振り返った。生田演じる葉蔵を堕落した日々にいざなう悪友・堀木役の伊勢谷も、「“映画”を見たという感じを与えてくれる、重厚な作品に仕上がっています」と出来に太鼓判を押していた。

葉蔵を取り巻く女性たちには、日本映画界を代表する女優陣が結集。室井滋が「斗真くんのファンの方には目を覆いたくなるようなシーンが……本当に暑い夏でございました」と振り返ると、三田も「私もそんなことになるとは思っていなかったので、皆さんにショックを与えるかも……」と意味深な発言で会場を沸かせた。

荒戸監督は、「絢爛たる美しい女優の皆さんをはじめ、美しい人はより美しく、そうでない人はそれなりに(笑)、堪能してください。この映画は3度目からが1番面白いので、映画館でも見てもらえればうれしいです」としっかりPRしていた。

人間失格」は角川映画配給で、2月20日から全国で順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi