仲里依紗の「女の子度がアップ」 太宰原作「パンドラの匣」公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月10日 > 仲里依紗の「女の子度がアップ」 太宰原作「パンドラの匣」公開
メニュー

仲里依紗の「女の子度がアップ」 太宰原作「パンドラの匣」公開

2009年10月10日 19:19

ポップな太宰の世界を楽しんで「パンドラの匣」

ポップな太宰の世界を楽しんで
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 生誕100年を迎えた太宰治の原作小説を映画化した「パンドラの匣」が10月10日、東京・テアトル新宿で公開初日を迎え、主演の染谷将太川上未映子仲里依紗窪塚洋介冨永昌敬監督らが舞台挨拶を行った。

太平洋戦争終結直後、結核のため療養所に入所した少年ひばり(染谷)が、個性的な患者や看護士らに囲まれながら新しい時代の「新しい男」に生まれ変わろうと成長する姿を描く物語。

ひばりがあこがれる美人看護士・竹さん役で映画初出演を果たした芥川賞作家の川上は、「光や時間の作り方など、こうやっているのかと全部が新しいことばかりで勉強になった」と感心しきり。太宰作品は読破しており、「覚えているセリフもあったので、それをこうして映画の中で発語することができるのは、とても貴重な体験だった」と振り返りながらも、「太宰の真骨頂である『軽み』が散りばめられた映画になった。原作も読んでどんどんはまってほしい」と作家らしくアピールした。

一方、ひばりを翻弄する小悪魔的な看護士のマア坊を演じた仲は、「普段はよくオッサンくさいと言われるけれど、マア坊をやっている間は女の子度がアップした気がする。ずっとマア坊でいればよかった。とてもオシャレな映画で、自分のオシャレ度がアップすると思いますよ」とアピール。映画初主演の染谷は「3週間泊まり込みで撮影したけれど、とても穏やかでゆっくりと時間が流れ、居心地のいい現場だった」と語った。

撮影地となった宮城県の5館で先月26日から先行公開されており、テアトル新宿を加えた6館で公開中。以降、全国で順次公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi