美人芥川賞作家・川上未映子、女優デビュー作で「単語の気持ちになれた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月17日 > 美人芥川賞作家・川上未映子、女優デビュー作で「単語の気持ちになれた」
メニュー

美人芥川賞作家・川上未映子、女優デビュー作で「単語の気持ちになれた」

2009年6月17日 12:00

川上は作家・女優・歌手と多方面で活躍「パンドラの匣」

川上は作家・女優・歌手と多方面で活躍
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 08年「乳と卵」で第138回芥川賞を受賞した作家で、歌手でもある川上未映子の女優デビュー作「パンドラの匣」(冨永昌敬監督)の完成披露試写会が、6月16日、東京・シネセゾン渋谷で行われ、川上、染谷将太仲里依紗窪塚洋介らが舞台挨拶を行った。

映画は、今年生誕100周年となる太宰治の同名小説が原作。終戦直後、結核のため“健康道場”と呼ばれる療養所に入院した少年ひばり(染谷)の恋や友情を描く青春物語で、川上はひばりが恋心を抱く看護師の竹さん役で出演している。

川上は、「小説を書くというのは監督業のようなものだけど、映画は監督のもので、監督の言う通りに動いていることで、(作家が小説を書くために用いる)単語の気持ちになれた」と、作家らしく独特なたとえで女優業の感想を述べ、「試写を見たら想像を超えたものになっていて、魔法を感じた。現場はすごく楽しかった」と映画の出来にも満足気。「映像も音楽も美しいので、何度も見てもらいたい」とアピールし、仲も「とてもお洒落でセンスの良い映画。見ている自分に酔っちゃう」と話し、場内の笑いを誘った。


太宰作品の明るい一面を映画化「パンドラの匣」

太宰作品の明るい一面を映画化
[拡大画像]

また、原作については、川上が「太宰治の小説の中でも生命力に溢れ、明るさに向かっていく珍しい作品。このメンバーで、太宰の原作とコラボレーションできてうれしい」とコメント。窪塚も「こんなに日本文学が面白いのかと衝撃を受けた。太宰というと暗いイメージがあったけど、一発でそれが払拭され、日本文学を読むきっかけになった」と話した。

パンドラの匣」は10月公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi