ギネスブック発表!2000年代にいちばん稼いだ女優はエマ・ワトソン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月17日 > ギネスブック発表!2000年代にいちばん稼いだ女優はエマ・ワトソン
メニュー

ギネスブック発表!2000年代にいちばん稼いだ女優はエマ・ワトソン

2009年12月17日 11:37

ギネス記録に認定!「ハリー・ポッターと賢者の石」

ギネス記録に認定!
Photo: James Veysey/Camera Press/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 英ギネス・ワールド・レコーズ社が、英女優エマ・ワトソン(19)を、2000年代に最も高い興行収入を上げた女優として認定した。

映画「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー・グレンジャー役で知られるワトソンは、01年の第1作「ハリー・ポッターと賢者の石」から、09年の第6作「ハリー・ポッターと謎のプリンス」まで、2000年代に同シリーズ6本に出演。6作トータルで54億ドル(約4840億円)の世界興収を記録し、過去10年で1人の女優が上げた興行収入としては最高額と認定された。声優を務めたアニメ映画「ねずみの騎士デスペローの物語」(08)を除けば、ワトソンの出演作はこの「ハリー・ポッター」シリーズ6本のみで、改めて同作の人気を証明した。

現在、米ブラウン大学に通う学生でもあるワトソンの次回作は、シリーズ最終作となる「ハリー・ポッターと死の秘宝」前後編で、前編は2010年11月に公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi