ジェラルド・バトラー、ドバイの中心でJ・アニストンへの愛を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月17日 > ジェラルド・バトラー、ドバイの中心でJ・アニストンへの愛を語る
メニュー

ジェラルド・バトラー、ドバイの中心でJ・アニストンへの愛を語る

2009年12月17日 11:37

いよいよ熱愛が本格化?「フツーの仕事がしたい」

いよいよ熱愛が本格化?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジェラルド・バトラーが12月15日(現地時間)、ドバイ国際映画祭のトークイベントに出席した。会場を埋め尽くしたアラブのファンからの質問に答えたバトラーは、「一番聞いて欲しくない質問は何か」という質問に、「ジェニファー・アニストンとのデートについてだね」と、自虐的なジョークでファンのハートをわしづかみ。さらに、「彼女は地球上で最も素晴らしい人」と意味深に語った。

2人は、昨年9月ごろから熱愛が噂され、今年9月にはロサンゼルスのレストランで夕食をともにしている様子が報道されていた。来年3月に米公開の「ザ・バウンティ(原題)」でも共演している。

また、「脚本が良ければ低予算映画でも出演するか」との問いに、「もちろんだ。自分がプロデュースしている作品にも低予算の作品が2本ある。少ない製作費で良い作品を作り、大きな見返りを得るという醍醐味もある」と持論を展開。このあとバトラーは、クロージング作品として上映された「アバター」のレッドカーペットを歩き、世界中のメディアからフラッシュの“集中砲火”を浴びていた。

同映画祭では、 「カムイ外伝」「フツーの仕事がしたい」「サマーウォーズ」「ランニング・オン・エンプティ」「Lost Paradise in Tokyo」「僕たちのキックオフ」(イラクとの共同製作)と過去最多となる日本映画6本が上映。コンペ部門の「Lost Paradise in Tokyo」には最優秀アジア・アフリカ作品賞(賞金5万ドル)、「フツーの仕事がしたい」には最優秀アジア・アフリカ・ドキュメンタリー賞(賞金4万ドル)の期待がかかっている。各賞の受賞者は、最終日の16日夜に発表される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi