フィリップ・シーモア・ホフマンが教祖に!P・T・アンダーソンが新興宗教を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月4日 > フィリップ・シーモア・ホフマンが教祖に!P・T・アンダーソンが新興宗教を映画化
メニュー

フィリップ・シーモア・ホフマンが教祖に!P・T・アンダーソンが新興宗教を映画化

2009年12月4日 17:27

恰幅のいい体格も教祖風「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

恰幅のいい体格も教祖風
Photo:Newscom/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー作品賞にノミネートされた「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(07)のポール・トーマス・アンダーソン監督の次回作が、新興宗教をテーマにした作品になることが分かった。「カポーティ」のオスカー俳優フィリップ・シーモア・ホフマンが教祖役で主演する。

米ComingSoon.Netによると、新作「ザ・マスター(原題)」の舞台は、新興宗教が台頭し始めた1950年代のアメリカ。独自の信仰を説く1人のカリスマ的な知識人=マスター(ホフマン)と、その右腕となる20代の青年フレディの関係を中心に描く。マスターの組織が熱狂的な信者を獲得するにつれて、フレディが自らの師とその信仰体系に疑問を抱くようになるというストーリー。

ホフマンは、アンダーソン監督の劇場映画デビュー作「ハードエイト」(96)以降、「ブギーナイツ」(97)、「マグノリア」(99)、「パンチドランク・ラブ」(02)と、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」以外すべての作品に出演している。これまでずっと脇を固めてきたホフマンが、今回初めて盟友の監督作に主演するということで、否が応でも期待は高まる。

現在、米ユニバーサル・ピクチャーズが進めているこのプロジェクトだが、正式なゴーサインが出るのはアンダーソン監督が執筆中の脚本の完成を待ってのことになるようだ。「ブギーナイツ」以降のアンダーソン監督作品を手がけているジョアン・セラーが今回もプロデューサーを務める。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi