「ホビットの冒険」第1部の脚本が完成!ピーター・ジャクソン監督が明言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月26日 > 「ホビットの冒険」第1部の脚本が完成!ピーター・ジャクソン監督が明言
メニュー

「ホビットの冒険」第1部の脚本が完成!ピーター・ジャクソン監督が明言

2009年11月26日 11:32

指輪ファンの期待が高まる「ホビット」「ロード・オブ・ザ・リング」

指輪ファンの期待が高まる「ホビット」
Photo:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 最新作「ラブリーボーン」の英国王室主催プレミアのためにロンドンを訪れたピーター・ジャクソン監督が11月24日、英メディアのインタビューに答えて、製作中の「ザ・ホビット(原題)」の進捗状況について語った。

ロード・オブ・ザ・リング」のプリクエル(前章)にあたるJ・R・R・トールキン原作「ホビットの冒険」を映画化する「ザ・ホビット」では、ジャクソン監督はプロデュースと脚本に回り、「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督がメガホンをとる。

2部作となる同作について、ジャクソン監督は「第1部の脚本を完成させてスタジオに提出したが、とても満足してくれたようだ」と明言。そして、「今は、(「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの脚本を手がけた)フィリッパ・ボウエンフラン・ウォルシュ、そしてギレルモと一緒に大いに楽しみながら第2部を執筆中で、そちらも半分ぐらい出来上がっている」と話した。

さらに、自ら監督しないことについては、「脚本は『ロード・オブ・ザ・リング』のメンバーも一緒だし、イアン・マッケランの台詞もあの頃と同じように書いている」と、少なくとも脚本のテイストは前シリーズと「ホビット」の間に連続性があることを強調。そのうえで、「監督としてギレルモがどのように脚本を解釈して演出するのか、非常に楽しみにしている。なぜ彼にメガホンを渡したかといえば、私自身が前作を撮った自分と競おうとして、変に奇をてらったことをしてしまいそうな心配があったからだ。そうではなくて、自然なものにしたかったからね」と、デル・トロ監督への期待を語った。

「ホビット」第1部は2011年12月、第2部は12年12月の全米公開を予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi