黒澤明、レオナルド・ディカプリオらがシェイクスピアの殿堂入り : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月16日 > 黒澤明、レオナルド・ディカプリオらがシェイクスピアの殿堂入り
メニュー

黒澤明、レオナルド・ディカプリオらがシェイクスピアの殿堂入り

2009年2月16日 12:00

[映画.com ニュース] 今年4月、ウィリアム・シェイクスピアの故郷、英ストラトフォード・アポン・エイボンにあるシェイクスピアの生家兼ビジターセンターに新たに併設される「シェイクスピア・ホール・オブ・フェーム」に入る12人の名前が発表され、日本からは黒澤明監督が殿堂入りすることが分かった。

シェイクスピア作品に縁のある、または影響を受けた作家、俳優、演出家、映画監督、アーティストなどが対象となるもので、黒澤監督は、「マクベス」をモチーフにした「蜘蛛巣城」(57)と、「リア王」を翻案した「」(85)が評価されたようだ。海外から入ったのは黒澤監督と他にアメリカ人が3人で、うち1人は「ロミオ&ジュリエット」(バズ・ラーマン監督)でロミオを演じたレオナルド・ディカプリオだった。

その他、シェイクスピア俳優として知られるイギリスを代表する名優ローレンス・オリビエ、多くのシェイクスピア作品を映画化したケネス・ブラナー、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー出身の大女優ジュディ・デンチらの殿堂入りは順当なところだろうが、漏れている地元英国のシェイクスピア俳優も多いとあって、今回の人選に対してイギリス国内では賛否両論あるようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi