レイフ・ファインズ、シェイクスピア悲劇の映画化で監督デビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月10日 > レイフ・ファインズ、シェイクスピア悲劇の映画化で監督デビュー
メニュー

レイフ・ファインズ、シェイクスピア悲劇の映画化で監督デビュー

2009年2月10日 12:00

名優はそのまま名監督になれるか? (「愛を読むひと」のレイフ・ファインズ)「イングリッシュ・ペイシェント」

名優はそのまま名監督になれるか?
(「愛を読むひと」のレイフ・ファインズ)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「イングリッシュ・ペイシェント」「ナイロビの蜂」等の作品で知られるイギリス人俳優レイフ・ファインズが、シェイクスピア後期の悲劇「コリオレイナス」の映画化で自らメガホンを取り、映画監督デビューすることが分かった。米バラエティ誌が報じた。

同作は、その誇り高さ、尊大さゆえに身を滅ぼすことになるローマの将軍コリオレイナスを主人公にしたシェイクスピア最後の悲劇。ファインズは監督とタイトルロールの主演を兼ねることになる。また、コリオレイナスに大きな影響を及ぼす野心的な母ボラムニア役でバネッサ・レッドグレーブが交渉に入っているようだ。

もともとファインズは英国の王立演劇学校の出身で、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの一員として数々の舞台をこなしてきたほか、ブロードウェイ版「ハムレット」に主演してトニー賞を受賞した経歴の持ち主。演出家としての手腕にも期待したい。

また、今年は近いうちにファインズの出演作が2本、ケイト・ウィンスレットと共演した「愛を読むひと」(6月19日公開)と、キーラ・ナイトレイと共演した「ある公爵夫人の生涯」(4月公開予定)の公開が控えている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi