「タイタニック」のレオとケイトが夫婦に。新作ドラマの予告編公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月19日 > 「タイタニック」のレオとケイトが夫婦に。新作ドラマの予告編公開
メニュー

「タイタニック」のレオとケイトが夫婦に。新作ドラマの予告編公開

2008年11月19日 12:00

やっと夫婦になったのに…「アメリカン・ビューティー」

やっと夫婦になったのに…
(C)2008 Dreamworks LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界中を涙で濡らした「タイタニック」(97)から11年。レオナルド・ディカプリオケイト・ウィンスレットが夫婦役で再共演した、オスカー受賞監督サム・メンデス(「アメリカン・ビューティー」「ロード・トゥ・パーディション」)の新作、「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」(1月24日公開)の予告編が日本の公式サイトにアップされた。

同作の原作は、現代アメリカ文学を代表する作家リチャード・イェーツが1961年に発表した小説「家族の終わりに」(ヴィレッジブックス刊)。1950年代、ニューヨーク郊外のコネティカット州の田舎町に引っ越したひと組の夫婦が、郊外化(サバービア)現象という時代の流れの中に呑み込まれ、それぞれの夢、家族のあり方、愛の意味を見失って、互いに亀裂を深めていくさまを描くドラマだ。ニューヨークの都心マンハッタンの会社に通勤し、会社に身も心も捧げて働く夫フランクをディカプリオが、郊外でのコミュニティになじめずに閉塞感を感じる、女優志望だった妻エイプリルをウィンスレットが演じている。

「タイタニック」ファンにとっては、前作で悲しくも死に別れたディカプリオとウィンスレットが、夫婦となって幸せそうな光景につつまれる同作の予告編前半の描写で、ホッと胸をなで下ろすに違いない。だが、悲劇に向かっていくと思われる後半は、アカデミー賞ノミニーの実力派2人が迫力の演技で苦悩や絶望を表現。ラブシーンも情熱的だ。

なお、全米ではドリームワークス配給で、アカデミー賞エントリーの資格のある12月26日公開。「タイタニック」では叶わなかった、ディカプリオとウィンスレットの同賞ダブルノミネートとなるか注目の的だ。ウィンスレットはもう1本、MGM配給で12月10日に全米公開されるスティーブン・ダルドリー監督作「愛を読むひと」(09年公開)にも主演している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi