ロード・トゥ・パーディション
ホーム > 作品情報 > 映画「ロード・トゥ・パーディション」
メニュー

ロード・トゥ・パーディション

劇場公開日

解説

30年代、大恐慌下のシカゴ。両親の死後、育ててくれたギャングの親分の下で、殺し屋として働くマイケル。が、親分の息子に妻と幼い次男を殺害され、12歳の長男とともに逃亡して、組織への復讐を企てる。しかし彼は長男には自分と同じ道を歩ませたくなかった。監督第1作「アメリカン・ビューティー」でオスカー監督賞&作品賞を獲得したサム・メンデス監督の第2作。主演は2度のオスカー主演男優賞に輝くトム・ハンクス。

作品データ

原題 Road to Perdition
製作年 2002年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス
上映時間 119分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第75回 アカデミー賞(2003年)

受賞
撮影賞 コンラッド・ホール
ノミネート
助演男優賞 ポール・ニューマン
作曲賞 トーマス・ニューマン
美術賞  
音響賞  
音響編集賞  

第60回 ゴールデングローブ賞(2003年)

ノミネート
最優秀助演男優賞 ポール・ニューマン

特集

「バートン・フィンク」
特集

撮影監督がオモシロイ!パート2:当代の名撮影監督をチェック!【ばりばり系】■ロジャー・ディーキンスRodger Deakins「バートン・フィンク」(91)以降のコーエン兄弟監督作すべてを撮影するディーキンスは、すでにアカデミー賞ノミ...特集

インタビュー

トム・ハンクス インタビュー
インタビュー

「ロード・トゥ・パーディション」主演トム・ハンクスに小西未来氏がインタビュー。ロサンゼルスで採れたばかりの生の声を産地直送でレポートだ。話題作続きの売れっ子ハンクスだが、ぜーんぜんエラそうじゃないとこがさすがなのである。トム・ハンクス...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

サム・メンデスのギャング映画はミニマルでエレガント
ロード・トゥ・パーディションの映画評論・批評

ギャング映画を作るとき、きまって「ゴッドファーザー」が目の前に立ちはだかる。これまで作られたギャング映画は数え切れないが、映画史に残るこの金字塔を越えた作品は現れなかった。しかし、ひょっとしたら、サム・メンデス監督の「ロード・トゥ・パ...ロード・トゥ・パーディションの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全14件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ロード・トゥ・パーディション ロード・トゥ・パーディション ロード・トゥ・パーディション ロード・トゥ・パーディション
ロード・トゥ・パーディション ロード・トゥ・パーディション ロード・トゥ・パーディション ロード・トゥ・パーディション
2016年1月23日 2014年12月31日 2016年1月23日 2016年9月28日
¥500 ¥324 ¥300 ¥300
ビデオマーケット GYAO!ストア ShowTime U-NEXT
※プレミアムコースの場合 ※600円分無料

他のユーザーは「ロード・トゥ・パーディション」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi