タランティーノ監督の新作に、新たなキャストが続々! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月11日 > タランティーノ監督の新作に、新たなキャストが続々!
メニュー

タランティーノ監督の新作に、新たなキャストが続々!

2008年8月11日 12:00

ナスターシャ・キンスキーは 趣味?「ショーン・オブ・ザ・デッド」

ナスターシャ・キンスキーは
趣味?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 主役にブラッド・ピットが決定した、クエンティン・タランティーノ監督の第2次世界大戦ドラマ「イングローリアス・バスターズ」に続報だ。米ハリウッド・レポーター誌が伝えるところによると、新たにサイモン・ペッグデビッド・クラムホルツナスターシャ・キンスキーの3人がキャスティングされることになりそうだ。

ペッグは、「ショーン・オブ・ザ・デッド」(04)や「ホット・ファズ/俺たちスーパーポリスメン!」(07)に主演したイギリス人俳優で、イギリス人大尉を演じる予定。なお、彼の盟友エドガー・ライト監督が「グラインドハウス」のフェイク予告編を作っている“タランティーノ一派”という間柄でもある。

クラムホルツは、TVシリーズ「NUMBERS/天才数学者の事件ファイル」で知られるユダヤ系の米国人俳優。アルド・レイン中佐(ブラッド・ピット)が率いるユダヤ系アメリカ人の米軍特殊部隊“イングローリアス・バスターズ”の一員でのオファーだが、スケジュール上の都合で参加は微妙とも。

キンスキーは、「パリ、テキサス」で有名なドイツ人女優。タランティーノから直接交渉を受けており、ドイツ人女優役で出演するという。

また、10月13日より撮影開始される同作のロケハンのため、ベルリンを訪れている同作プロデューサーのローレンス・ベンダーによると、“ユダヤ人ハンター”の異名をとるナチス高官ハンス・ランダ大佐役を演じるドイツ人俳優を探している最中だという。一時、このランダ大佐役としてレオナルド・ディカプリオの名前が挙がっていたが、これでピット&ディカプリオの2大スター共演の目は完全に消えたようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi