タランティーノ監督、新作戦争映画の内容が明らかに! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月15日 > タランティーノ監督、新作戦争映画の内容が明らかに!
メニュー

タランティーノ監督、新作戦争映画の内容が明らかに!

2008年7月15日 12:00

1本にまとめませんか?「キル・ビル」

1本にまとめませんか?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ワインスタイン・カンパニーで映画化されることになったクエンティン・タランティーノ監督の最新作となる戦争映画「イングローリアス・バスターズ」の、ハリウッドメジャー4社に持ち込まれたとされる脚本の第1稿が流出し、米ニューヨーク誌などでその詳細なストーリーが紹介された。

シナリオの表紙には「第1稿」の文字と、「08年7月2日」という完成日が、またタイトルには「INGLOURIOUS BASTERDS」(本来は“bastards”)と記されている。この脚本は全体で165ページもあり、映画に仕上げると2時間45分ほどの作品になるボリュームがあり、その物語は「キル・ビル」同様に章立てされ、5つのチャプターに分かれている。

▽第1章 ワンス・アポン・ア・タイム……ナチ占領下のフランスで
▽第2章 イングローリアス・バスタード
▽第3章 パリのドイツ的な夜
▽第4章 キノ作戦(“キノ”はドイツ語で映画館の意)
▽第5章 ジャイアント・フェイスの復讐

第1章では、ユダヤ人のティーンエイジャーの主人公ショシャンナ(ヘブライ語の女性名でバラの花の意)が紹介され、彼女が外出中に“ジュー(ユダヤ人)・ハンター”の異名をとるナチ高官ハンス・ランダ大佐によって、家族を惨殺された少女は“キル・ヒトラー”を誓ってパリへ飛ぶ。第2章では、もう1人の主人公アルド・レイン中佐(ブラッド・ピットが演じるとの噂)が紹介され、首にリンチの傷跡があるユダヤ系の彼は、米軍のあらゆる作戦の中で最も危険な任務を請け負う8人のゲリラ専門の特殊部隊“イングローリアス・バスターズ”を率いており、1944年のドイツ対連合軍の最前線での活躍が描かれる。第3章は、仏ヌーベルバーグの作品風に、1章丸ごと白黒で撮影され、ナチ占領下のパリの映画館に勤めるショシャンナが体験するパリの夜が描かれる。第4章では、ヒトラーがプロデュースするプロパガンダ映画がパリの映画館でプレミア上映されることになり、レイン中佐率いる特殊部隊はパリを訪れるヒトラーの暗殺命令を受けて、作戦を実行する。第5章では、それら登場人物が一堂に会して……。

ストーリーラインは「特攻大作戦」や「ニュー・シネマ・パラダイス」をモチーフにしたような内容で、人物紹介のシーンでマカロニウエスタン風の長回しがト書きに書き込まれているなど、いかにもタランティーノ風の内容になっている。

同作は、今年10月にクランクインし、来年のカンヌ国際映画祭でプレミア上映される予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi