オスカー女優ジェニファー・ハドソンが「SATC」用の新曲を熱唱! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年5月20日 > オスカー女優ジェニファー・ハドソンが「SATC」用の新曲を熱唱!
メニュー

オスカー女優ジェニファー・ハドソンが「SATC」用の新曲を熱唱!

2008年5月20日 12:00

劇中では「おしゃれに夢中」 だったようで…「セックス・アンド・ザ・シティ」

劇中では「おしゃれに夢中」
だったようで…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ドリームガールズ」でアカデミー助演女優賞に輝いたジェニファー・ハドソンが、映画「セックス・アンド・ザ・シティ」(5月30日全米公開)のエンドクレジットに流れる主題歌「All Dressed in Love」を歌っていることが分かった。

MCジャック・スプラッシュとナールズ・バークレイのシー・ローが書いた同曲は、「アメリカン・アイドル」出身のハドソンが、サビで「♪All dressed up in love(おしゃれに夢中)」と熱唱しているソウルフルな歌で、27日にリリースされる同作のサウンドトラックの2曲目に収録される。なお、ファーギー(ブラック・アイド・ピーズ)が歌うオープニングを飾るファンクな味付けがされた主題歌「Labels or Love」は1曲目に収録され、どちらも大ヒットの予感だ。

同作で、サラ・ジェシカ・パーカー演じるキャリーのアシスタント、ルイーズを演じているハドソンは、米エンターテインメント・ウィークリー誌最新号のインタビューに答えている。「ルイーズは“バッグガール”で、ハンドバッグが大好きなの。(リハーサルで)サラ・ジェシカと脚本を読む時でも、ルイーズならこうするだろうって、いつもバッグを手に持っていたわ。それはめちゃくちゃ高い、ルイ・ヴィトンのデニムのパッチワークバッグだった。キャリーならともかく、ルイーズの稼ぎでは無理なのに、彼女は何とか手に入れようとするの。彼女のバッグは高価なものばかり。シャネルとか、誰もが知っているブランド物ね」と語ったハドソンは、靴にまつわる裏話を付け加えた。「私は“シューガール”ではないから、(撮影時も)出来るなら靴を脱いでいたかったんだけど、マイケル・パトリック(・キング監督)が『君はいつでもヒールを履いていなければならないんだ』って言うから、ずっとそうしていたわ」

映画「セックス・アンド・ザ・シティ」は8月日本公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi