「セックス・アンド・ザ・シティ」の4人が、レズ支援団体の表彰式で勢揃い! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年4月10日 > 「セックス・アンド・ザ・シティ」の4人が、レズ支援団体の表彰式で勢揃い!
メニュー

「セックス・アンド・ザ・シティ」の4人が、レズ支援団体の表彰式で勢揃い!

2008年4月10日 12:00

サラのドレスはサン=ローラン「セックス・アンド・ザ・シティ」

サラのドレスはサン=ローラン
Photo:Getty Images/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] レズビアン&ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーを支援する団体「ポイント財団」が映画・演劇・TV界で活躍する人々を讃える授賞式が、4月7日、米ニューヨーク市内で行われ、映画「セックス・アンド・ザ・シティ」に出演する女優シンシア・ニクソンが表彰された。ニクソンはかねてより、レズビアンだとカミングアウトしている。

授賞式会場には、同作の共演者の3人、サラ・ジェシカ・パーカークリスティン・デイビスキム・キャトラルも祝福に駆けつけ、4人が勢揃いした。

ニクソンは同作について、「私たちの人生において節目の作品だった。シリーズはもう完全に終了したと思ったけれど、映画として復活するなんて、なんてステキなことかしら」と語った。

映画「セックス・アンド・ザ・シティ」は5月30日全米公開、日本では今秋公開となる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi