ディカプリオがリドリー・スコット監督のスリラーで再タッグ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年3月25日 > ディカプリオがリドリー・スコット監督のスリラーで再タッグ!
メニュー

ディカプリオがリドリー・スコット監督のスリラーで再タッグ!

2008年3月25日 12:00

スコセッシに続き、 スコット監督もレオにご執心?「ヒストリー・オブ・バイオレンス」

スコセッシに続き、
スコット監督もレオにご執心?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] レオナルド・ディカプリオが、ワーナー映画「Body of Lies」に続いてリドリー・スコット監督と、「The Low Dwellers」というタイトルのダークスリラーで再タッグを組むことになった。米ハリウッド・レポーター誌によれば、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」「ノーカントリー」の流れを汲むような物語で、ペンシルベニア州で保険外交員をしていたブラッド・インゲルスバイの初脚本作品。

80年代半ばのインディアナ州を舞台に、刑務所を出所したのち、社会に適合しようとする男(ディカプリオ)の物語で、入獄前に借金していた男、それに第3の男、恋仲にある女性が物語に絡む。

スコットとディカプリオはプロデュースも務め、スコットは監督にも色気を見せているという。インゲルスバイはハリウッドで全く無名な存在だったが、作品の内容の良さからワーナーとソニーの激しい争奪戦となったが、「タラテガ・ナイト/オーバルの狼」「3:10 to Yuma」の製作会社、ライアン・カバノー率いる“リラティビティ・メディア”が間隙を衝いて映画化権を勝ち取った。同社は、ユニバーサルと出資契約を結んでいる独立系資金調達会社。カバノーは、ジャッキー・チェンジェット・リー共演のカンフー映画「The Forbidden Kingdom」や、スサンネ・ビア監督の「ある愛の風景」のハリウッドリメイク版で、ナタリー・ポートマン主演の「Brothers」のプロデュースを手がけている。

ディカプリオは現在、マーティン・スコセッシ監督のスリラー「Shutter Island」の撮影でボストン滞在中。スコット監督はラッセル・クロウ主演のロビン・フッド映画「Nottingham」を監督準備中だ。

「The Low Dwellers」は、泥沼化した米脚本家組合(WGA)ストライキ以後、初めてメジャーが大型契約を結んだ作品となる。脚本家インゲルスバイのもとには莫大な脚本料が支払われるだろうが、保険外交員を辞めるつもりはないという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi