ラッセル・クロウ演じるロビン・フッドは「グラディエーター」風? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月25日 > ラッセル・クロウ演じるロビン・フッドは「グラディエーター」風?
メニュー

ラッセル・クロウ演じるロビン・フッドは「グラディエーター」風?

2007年10月25日 12:00

アイム・マキシマス!「グラディエーター」

アイム・マキシマス!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「グラディエーター」「プロヴァンスの贈りもの」のラッセル・クロウリドリー・スコット監督が、スリラー「アメリカン・ギャングスター」(正月第2弾公開)に続いて挑むのが、“ロビン・フッドの冒険”を描く「ノッティンガム(Nottingham)」。

何度も映画化されている企画だが、同作の製作を手がける名物プロデューサー、ブライアン・グレイザーは米MTVに対して「『ノッティンガム』はロビン・フッドの『グラディエーター』バージョンだ。アドレナリンを噴出させる『グラディエーター』同様にパワーがみなぎった映画になると思う」と語った。

これまでのロビン・フッドものとは異なり、今回はロビンの宿敵であるはずのノッティンガムの代官の目を通して語られるという。スコット監督はMTVに「獅子心王リチャード1世が十字軍遠征から帰ってくるが、彼の首に矢が当たって死ぬ。そして弟のジョンが王になる」と背景を説明。ジョンは欠地王の異名をとるが、それは父ヘンリー2世が幼いジョンに領土を相続させなかったからで、「そのジョンが少し悪賢いんだな。増税を課したことから悪名をとどろかす。この映画では彼が悪役だ」と明かしている。

同監督によると、「ノッティンガムの代官はリチャードの右腕的人物で、彼が矢を受ける現場の目撃者となる。そこで彼はイングランドに戻ってリチャードの夢を担うことになる」とのこと。

スコット監督の発言を聞いていると、まるで代官がヒーローのようだが、彼こそがロビン・フッドなのだろうか?

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi