松山ケンイチ、デスメタルメイクの“クラウザーさん”に大変身! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年3月12日 > 松山ケンイチ、デスメタルメイクの“クラウザーさん”に大変身!
メニュー

松山ケンイチ、デスメタルメイクの“クラウザーさん”に大変身!

2008年3月12日 12:00

同じ人物とは思えない、松ケンの変身ぶり「デトロイト・メタル・シティ」

同じ人物とは思えない、松ケンの変身ぶり
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 隔週刊誌「ヤングアニマル」(白泉社刊)で連載中の若杉公徳による大ヒットギャグ漫画を、松山ケンイチ主演で映画化する「デトロイト・メタル・シティ」。劇中で、松山はデスメタルバンドのカリスマボーカル“ヨハネ・クラウザーII世”を演じるが、このほど松山が過激なメイクを施して“クラウザーさん”に大変身したポスター用ビジュアルが初公開された。

映画は、オシャレなポップ音楽が大好きな心優しき青年・根岸が、どういうわけか悪魔系デスメタルバンド、デトロイト・メタル・シティ(通称DMC)のカリスマギターボーカルとして活躍する羽目になる姿を描くコメディ。

クラウザー姿を初披露した松山は、「この姿になって、全てのものを破壊しようと思えるようになりました。ただクラウザーさんになると、監督やスタッフの方にきちんと挨拶した方がいいのかすごく悩みましたね。クラウザーさんとしては挨拶しない方がいいんじゃないかと思ったんですけど……でも、それで僕に対する周りの評価が下がるのはイヤなので、クラウザー姿でも挨拶はしていこうと思います(笑)」とコメント。

さらに松山は、クラウザーの素顔=マッシュルーム頭の平凡な青年“根岸”の姿も披露。憑依型俳優と呼ばれる松山が、過激発言を連発してファンを煽るクラウザーと、さわやかで気弱な根岸をどう演じ分けるのか期待したい。

なお、DMCのその他のメンバーと彼らが所属するレコード会社“デスレコーズ”の女社長役のキャストも決定。まずドラマー・カミュ役には、「はねるのとびら」(CX系)や「特急田中3号」(TBS系)などバラエティ、ドラマと幅広く活躍するお笑い芸人ロバートの秋山竜次、ベーシスト・ジャギ役は「ライフ」(CX系)、「エジソンの母」(TBS系)などドラマで活躍中の若手俳優・細田よしひこが扮する。そして、女社長役は「フラガール」の松雪泰子が扮するが、クラウザーに負けず劣らず暴言を吐くこの女社長を松雪がどこまで演じられるのかも注目だ。

デトロイト・メタル・シティ」は今夏全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi