ヤング・アニマル
ホーム > 作品情報 > 映画「ヤング・アニマル」
メニュー

ヤング・アニマル

劇場公開日

解説

アメリカ人の心に巣食う有色人種偏見、それにより生ずる感情的な対立と忌まわしい暴力行為、差別に対する不満から展開される学園紛争、病めるアメリカのハイティーン高校生の無軌道な生態。監督をモーリー・デクスター、脚本ジェームズ・ゴードン・ホワイト、撮影ケン・ピーチ、音楽レス・バクスターが担当。出演は「キャット・バルー」のトム・ナルディーニ、「悪い種子」のパティ・マコーマック、TV出身のデイヴィッド・マックリンや「アメリカ アメリカ」のジョアンナ・フランクなど。イーストマンカラー、スタンド。1968年作品。

ストーリー

メキシコ国境に誓いカリフォルニア州南部の町。高等学校に通う白人系、メキシコ系の学生の間は、人種差別的感情のもつれで険悪だった。今夜も町はずれでメキシコ系学生のパコ(ゾーイ・ホール)と恋人のラケル(ジョアンナ・フランク)が町の大実業家の息子ブルース(デイヴィッド・マックリン)と仲間に喧嘩をふっかけられ、パコは殴り倒され、ラケルは犯されてしまった。パコは復讐を誓った。この学校へトニー(トム・ナルディーニ)というメキシコ系学生が転校してきた。学生同士の対立の事情を知らない彼は、白人女子学生ジャネット(パティ・マコーマック)をデイトに誘った。これを知ったブルースは仲間とともに、2人の乗った車を追い廻し、いやがらせをしてジャネットから手を引けと脅かした。事情を知ったトニーはメキシコ系の学生と一緒になって、白人学生や教師たちの差別を改めるための行動を開始する決意を固めた。トニーはメキシコ系学生の父親の経営するクラブで集会を開き、平等の権利を要求する陳情書を検討し、揃いの色シャツを着用して、要求が成就するまで統一行動をとることを決めた。こうした動きをかぎつけたブルースたち白人学生は集会場に押しかけ、車に放火して逃げた。翌日、揃いの色シャツで登校したメキシコ系学生は校長に陳情書を提出したが、拒否され、ストに突入した。トニーは白人学生たちを味方に引き入れなければ学校側を説得できないと主張し、また、ジャネットは先日の一件を皆に話して、白人学生を説得し、学生側に協力的態度が生まれ始めたとき、メキシコ系学生たちはブルースの殴り込みを受けた。激昂したパコは、ブルースの仲間を襲ったが、逆襲をうけ殺された。車の事故死のようにみせかけたものだった。ストもはかばかしく進展をみせなくなったある日、泳ぎにいったトニーとジャネットは、パコと同じようにブルースたちに追い廻された。古飛行機処理場に逃げこんだ2人の逃げ場がなくなり、危なくなったとき、ジャネットが電話を見つけ、警察に救助を求めた。こうして、ブルースの非行が知られ、白人学生の同情を集まり、頑固な校長もついにトニーたちの話を聞くから代表をさしむけてくるようにと告げたのだった。...

作品データ

原題 The Young Animals
製作年 1968年
製作国 アメリカ
配給 現代映配

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi