「ロード・オブ・ザ・リング」原作者財団がスタジオを告訴! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年2月14日 > 「ロード・オブ・ザ・リング」原作者財団がスタジオを告訴!
メニュー

「ロード・オブ・ザ・リング」原作者財団がスタジオを告訴!

2008年2月14日 12:00

指輪のたたりで訴訟まみれ「ロード・オブ・ザ・リング」

指輪のたたりで訴訟まみれ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「ロード・オブ・ザ・リング」3部作を製作したニューライン・シネマが、興行収入からのロイヤリティ(分配金)を1セントも支払っていないとして、原作者J・R・R・トールキンの遺産を管理するトールキン財団から訴えられた。

トールキン財団はニューラインに対して、損害賠償金1億5000万ドル(約160億円)のほか、厳しい懲罰的措置も求めて、2月11日にロサンゼルス上級裁判所へ告訴した。その措置とは「トールキン作品に関するニューラインとの契約を全て無効にする」というもの。もし裁判所命令が発令されると、ニューラインが現在MGMと共同で製作を進めている「ホビットの冒険」の製作が不可能になる。

同財団がニューラインとの間に交わした「指輪物語」の映画化権に関する1969年の契約書には、「トールキン財団が累計興収の7.5%をロイヤリティとして受け取る」とある。映画3作品で興収は39.1億ドル(内訳は第1作8.6億ドル、第2作9.2億ドル、第3作11.3億ドル/総計約4180億円)。関連商品の売上も含めると60億ドル(約6415億円)を突破。トールキン財団が受け取るはずのロイヤリティは4.5億ドル(約480億円)にまで達するのだ。

トールキン財団の代表者であるボニー・エスケナージ弁護士は語る。「映画3部作で何十億ドルも儲けておきながら、原作者の遺産管財人に1セントも分けていないとは、全くの不正会計だわ。この事実を彼ら(ニューライン)がどんな風に陪審員に説明するのか見ものね」

一方、ニューラインはこの訴訟事件に関する一切のコメントを出していない。

ロード・オブ・ザ・リング」3部作に関してニューラインは、05年にピーター・ジャクソン監督から会計監査を求めて訴訟されたほか、映画化権を持つプロデューサー、ソウル・ゼインツからもロイヤリティをめぐって2度訴訟されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi