ピーター・ジャクソンが「ホビットの冒険」2作品を製作総指揮! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年12月20日 > ピーター・ジャクソンが「ホビットの冒険」2作品を製作総指揮!
メニュー

ピーター・ジャクソンが「ホビットの冒険」2作品を製作総指揮!

2007年12月20日 12:00

念願の「ホビットの冒険」!「ロード・オブ・ザ・リング」

念願の「ホビットの冒険」!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ロード・オブ・ザ・リング」3部作を手がけたピーター・ジャクソン監督が12月18日、そのプリクエル(前章)となるJ・R・R・トールキン著「ホビットの冒険」を2作品に分けて製作することになった。これは、ニューライン・シネマとの間の訴訟問題が収まったために実現したもの。ジャクソンは製作には関わるものの、監督はしない模様だ。

ジャクソンは、妻であるプロデューサーのフラン・ウォルシュと共にエグゼクティブプロデューサーを務めることになった。ちなみに、2人が製作した「ロード・オブ・ザ・リング」3部作は世界中で30億ドルの興収を記録している。

この知らせに、「ロード・オブ・ザ・リング」のファンサイトは一様に大歓迎ムード。ニューライン・シネマのCEOロバート・シェイは、「ホビットの冒険」を誰が監督するか決断しないままゴーサインを出したことになる。ジャクソン夫妻とスタジオは、来年1月に監督と脚本家の選定に入るという。

また、原作の映画化権を所有するMGM映画CEOハリー・スローンは、本作の映画化までの全ての交渉の場に立ち会ってきた人物だが、監督作「ラブリー・ボーン」と「タンタンの冒険」を抱えるジャクソンのスケジュールを十二分に考慮し、2作品の公開を2010年、11年とした。「彼(ジャクソン)が監督するスケジュールはなかったが、彼は『ホビット』2作品を長年待った映画ファンのために少しでも早く出そうとしたんだ」と、スローンは公開のタイミングが決まったいきさつを説明した。

ジャクソンとウォルシュのマネージャー、ケン・カミンズは、ジャクソンが監督と脚本を務めることは「全くありえない」としながらも、クリエイティブ面をコントロールするために製作総指揮に回ったと説明。ジョージ・ルーカスが「スター・ウォーズ」シリーズの第2作「帝国の逆襲」と第3作「ジェダイの帰還」で製作総指揮したのと同様のことだと指摘している。

MGMとニューラインが共同製作する「ホビットの冒険」は、「指輪物語」の80年前を舞台に、ホビット族のビルボ・バギンズ(フロド・バギンズの養父)が魔法使いガンダルフらと“はなれ山”を目指す冒険の旅を描く。

MGMのスローン会長は、「できればオリジナル(「ロード・オブ・ザ・リング」の)キャストの多くを迎え入れたい。彼らのうちの何人かから興味があると言われているんだ」と語っているだけに、来年にも発表されるキャスティングが楽しみになってきた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi