本当はスマート?「全然大丈夫」主演・荒川良々の素顔に迫る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月23日 > 本当はスマート?「全然大丈夫」主演・荒川良々の素顔に迫る
メニュー

本当はスマート?「全然大丈夫」主演・荒川良々の素顔に迫る

2008年1月23日 12:00

憩いたい時は映画鑑賞です!「全然大丈夫」

憩いたい時は映画鑑賞です!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] TVドラマ「タイガー&ドラゴン」のジャンプ亭ジャンプ役や、「東京タワー/オカンとボクと、時々、オトン」のえのもと役など、個性的なキャラクターが人気の荒川良々主演作「全然大丈夫」。商業映画では初主演となる荒川が、本作について語ってくれた。

映画は、世界一怖いお化け屋敷を作る夢を持つ本屋の長男・照男(荒川)と、彼の幼なじみでサラリーマンの久信(岡田義徳)、アマチュア画家・あかり(木村佳乃)とのおかしくも切ない三角関係を描くラブコメディ。

監督・脚本を務める藤田容介から「企画段階から主演は荒川君に決めていた」とラブコールを受けての出演となった荒川は、「僕は基本的に役作りはしないので、監督の演出通りにやりました。僕が演じる役は“もっとオーバーアクションで”と注文されることが多いんですが、今回藤田監督からは“なるべく抑え目に、リラックスしてやってください”と言われました」

主人公・照男は、人を怖がらせることに熱中するように能天気である反面、嫌味っぽく卑屈な面も持つクセの強いキャラクターだ。藤田監督は荒川と照男を比べて「荒川君はもっと冷静でスマート」と評しているが、荒川自身は「僕も嫌味なところがあります。精神的に追いつめるというか、わざと意地の悪い言い方をしたり(笑)」と冗談っぽく役柄と自身の共通点を語る。劇中で照男と久信が恋に落ちるドジで不器用なヒロイン・あかりについて話が及ぶと、「ドジな女の子は可愛いと思います。でもまあ、照男と久信があかりを好きになった理由は、間違いなく“見た目”でしょうね」と、嫌味と取れなくもない発言も飛び出した。

本作のキャッチコピー「憩いまくりたい人々に贈る、恋のユル騒ぎムービー」にちなみ、憩いたいときは何をするのか聞くと、「1人でぶらっと散歩したり、本屋に行ったり、映画を見たりしています。新宿でも渋谷でもどこでも行きますよ」とのこと。映画館にもよく足を運ぶそうで、「この前(アキ・)カウリスマキの『街のあかり』を見に行ったら、隣の席にいた若い女の人に“カウリスマキ好きなんですか?”って声をかけられました」

全然大丈夫」は1月26日よりロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi