「ボンド22」はコミカル路線に?ダニエル・クレイグが語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月17日 > 「ボンド22」はコミカル路線に?ダニエル・クレイグが語る
メニュー

「ボンド22」はコミカル路線に?ダニエル・クレイグが語る

2007年7月17日 12:00

次はロジャー・ムーア風

次はロジャー・ムーア風
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「007/カジノ・ロワイヤル」でボンド・デビューを飾った6代目ジェームス・ボンドのダニエル・クレイグが、英デイリー・エクスプレス紙に次回作「ボンド22」に関して語った。

クレイグによると、「『ボンド22』は前作と比べ、ずっと笑えるシーンが多くなる。(83年『オクトパシー』の)オクトパシーや、(64年『ゴールドフィンガー』の)プッシー・ガロア風のギャグが満載で、彼女たちにボンドジョークが炸裂する」ようだ。コミカル路線はプロデューサー陣の要望らしい。

39歳のクレイグは、ボンドを独自のキャラクターに作り上げることを熱望しており、マッチョなボンドではなく、よりソフトに見えるボンドを目指しているようだ。「ボンドは非常に男らしいかもしれないが、僕にとっては決してマッチョな男ではない。理想のボンドは、『ドクター・ノオ』のショーン・コネリーなんだよ」と彼は語る。

「ショーンは大きくて強くて、男としての存在感がある」と初代ボンドをベタ褒めする6代目ボンドのクレイグだが、「僕は歴代ボンドたちと張り合ったり、対抗しようとはちっとも思っていないんだ」と語るように、あくまで独自のボンド路線を歩むつもりだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi