マーク・フォースター監督の「ボンド22」ロケ地はスイス・アルプス? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月29日 > マーク・フォースター監督の「ボンド22」ロケ地はスイス・アルプス?
メニュー

マーク・フォースター監督の「ボンド22」ロケ地はスイス・アルプス?

2007年6月29日 12:00

「アルプスの少女ハイジ」も 好きなんだけど「主人公は僕だった」

「アルプスの少女ハイジ」も
好きなんだけど
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 先週末、007シリーズの監督に決まったマーク・フォースター(「主人公は僕だった」)が、スイスのゾンタークスブリック紙の取材に対し、ロケ地やボンドガールについて語った気になる話の内容を、英ボンド映画ファンサイトCommanderBond.netが伝えた。

同サイトによると、フォースター監督は「アルプス以上に最良なロケ地はない。ロマンティックなシーンも、ハードなアクションを撮っても何も問題がない。アルプス山脈はボンド映画にとって完璧なバックグラウンドになる」と語っている。スイスで生まれ育った彼だけに、リップサービスが込められているのかもしれない。ちなみに、スイス・アルプスは、既に69年の「女王陛下の007」(2代目ボンド、ジョージ・レーゼンビー主演作)でロケされ、回転展望台レストラン「ピッツグロリア」等が使われている。

ボンドガールに関してはまだ正式に発表されていないが、有力な候補としてアビー・コーニッシュ(「プロヴァンスの贈り物」)やシエナ・ミラー(「レイヤー・ケーキ」)など20代女優の名前が噂されている。しかしながら、フォースターはキャスティングをまだ始めてもいないことを明かし、「ボンド映画に女性たちをキャスティングすることは大きな喜びさ」と、これからの“楽しい仕事”に含みを持たせた。

「007」プロデューサー陣から監督オファーの電話をもらった時は、「番号を間違えてるんじゃないかと思ったよ(笑)」とのこと。「彼らは“アクション監督”を求めていなかった。独自のビジョンを持った、若くて使い古されていない“ドラマ監督”が必要だということをきちんと理解していたよ」語っている。「チョコレート」や「ネバーランド」のフォースター監督はどうやら、007シリーズの前作「カジノ・ロワイヤル」のムードやドラマ性をより強調する“ドラマ監督”として雇われたようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi